ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 01


★★★私の初の神人合一の境地体得の瞬間!!!!★★★



私は25歳の時に初めて神人合一を体得したのですが、

今でもあの時と同じ爆発的な歓喜とパワーを

体験してみたいなあ。。。と思っています。



私は19歳の時、高校を卒業して、

東京で新聞奨学生の配達をしながら

予備校に通っていました。



その時に、わが生涯の師と仰ぐ人と出会い、

また、様々なすばらしき人々との出会いの中で、

約2年間のあらゆる学問の研鑽の時間を持てました。

人生で最も充実した時でした。



東京というところは、

私はあまり好きにはなれませんでしたが、

情報量だけは、多分世界一の都市だと思います。



ですから、何かを学んだり、習得したりするには、

一番良いところだと思います。

その時は、私は本気で新しい大学を作るつもりだったので、

あらゆるジャンルの本を全て読みました。



図書館の本はタダで読めるので、

将来創設する学部に関する本は全て読みました。

また、それでは足りず、

神田の古本屋街へ通いつめて、

稼いだ給与のほとんどは本代に

消えました。



ただ、沢山の知り合った人々から、

「この本いいんだよ!!」と、沢山の本をいただきました。



そして、加速度的に、私の目は開かれて行きました。

そして、学べば学ぶほどに、理論だけでなく、



自分自身が神人合一しなくては、

人に教えることはできないなと、考えるようになりました。



こうして私は東京を離れ、ふるさと宮崎に帰りました。



そして、まず建設リフォーム会社を立ち上げ、

一軒一軒訪問する飛び込み営業を始めました。

まったく何もない状態からです。



そして、夕方から夜にかけては、

近所の子供を集めて、無料の学習塾をし、

夜は24時間営業のコンビニで、

21時から翌朝8時までアルバイトをしました。



なぜそんな無茶なことをしたのかというと、

仏教で言うところの、

「教戒神通力」によって、

神人合一しよう!!と、発願したからです。



教戒神通力とは、



「人が己の限界ぎりぎりまで努力し、

 さらに限界をこえ、力を出し切った時に、

 神様が、そこまでやるならと、力を貸してくださる。

 そのとき、人智を超えた力を出すことができる。

 これが他の六大神通力と言われる霊的な超能力よりも、

 人として最も尊い神通力である。」


というものです。



私はこれを知って、

自分の体力と気力の限界に

チャレンジしようと思ったのです。



しかし、昼と夕方の仕事は、休み無しにできますが、

コンビニの深夜のバイトは、

休み無しで勝手にシフトを組むことはできません。



しかも、コンビニのオーナーは、

私が昼も夕方も仕事をしていることを知っています。

当然、毎日シフトを組めば、

体が続くわけがないと思うのは当たり前です。



しかし、私はどうしても、神人合一したいので、

オーナーに頼み込んで、やらせてもらうことにしました。

「なにかあった時は、おれが代わりに入ってやるから、

チャレンジしてみろ!!」

と、言ってくださいました。



とても男気のある方でした。



それで、私は、一切の休みなしで、働き続けて、

3日が経ちました。



人は徹夜をすると、

二日目、三日目は、ナチュラルハイテンションになりますよね。

多分、若いころは、みなさん元気が有り余っていますから、

三日くらいは起き続けていた経験はあると思います。



しかし、4日目になると、



私は心臓が、ズキッズキッと痛むようになりました。

そして、体はなんとか動くけれど、

少し気を抜くと、ふっと、気絶しそうになってきました。



それで、

「あっ、そうか、よく、心臓マヒで

 過労死する人がいるけれど、これがその前兆なんだ!」

と気づきました。しかし、まだやめるわけにはいきません。



そして、四日目の深夜、レジに立っているだけだと、

気絶しそうになるので、とにかく早歩きで

商品の品だしをずっとやりつづけていました。



それで、朝7時50分くらいに、バイトの女の子が来て、

「まだやってる!!」とびっくりしていました。



みんな、私が体力と気力の限界に

チャレンジしていることを知っていて、

私がふらふらしながらも、懸命に仕事しているのを見て、

その女の子は泣き出してしまいました笑



「どうしてそこまでするんですかっ!!」と、

泣きわめいていますが、私はそれどころではない。



「いつになったら神人合一できるんだろう??」

と思いながら、必死で気絶と闘っていました。

そして、ちょうどバイトが終わったとき、

ついに限界がきました。そのとき、

私は、

「ああ、ここが俺の限界かあ。。。

とうとう神人合一できなかったなあ。。。」

と思いながら、目の前が真っ暗になり、倒れようとしました。



しかし、その瞬間、私はふと思いました。



「いや、まてよ。

 ここが俺の限界だと思っているということは、

 まだ意識はあるってことだぞ。

 てことは、ここはまだ俺の限界ではないはずだ!

 まだやれる!!」



そう思った瞬間、

とてつもないパワーが体に降りてきて、

ドッカーン!!!

と体の奥から

とてつもないエネルギーが爆発しました!!



それまでの心臓の痛みも、疲れも全て吹き飛んで、

体の奥から爆発的な歓喜がわきあがり、

体が異常に軽くなりました。

そして、気が体から大量に噴き出しているのがわかります。



まるで、ドラゴンボールの孫悟空が、

スーパーサイヤ人に初めてなったときのような感じです。



そして、丁度仕事が終わったので、外へ飛び出て、

そこから全力疾走してみました。

ものすごいスピードで延々と走れます。

しかも不思議なことに、まったく息が切れません。



走るのにも飽きて、家へ帰ろうと歩きだしてから、

ゆっくりと辺りを見回して、私は驚きました。

周りの全ての景色が、

金色の光をものすごい勢いで放っているのです。



「うわー。。。なんじゃこりゃ。。。」

と、私は歩きながら辺りを見回しました。

すごくきれいで、ぼーっと見ながら、

「ああ、これが神人合一かあ。。。」

と悟りました。


そして、だんだんと、

爆発的な歓びもパワーも収まってきて、家に帰ると、

パタッと布団に倒れて眠りました。



その後、目が覚めた時、

まだ2時間くらいしかたっていませんでした。

これが私の初めての神人合一の体験です。



それ以来、頻繁に不思議なことがおこるようになり、

六大神通力をマスターすることになるのですが、

それはまた次の機会にお話しします。

それではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College