ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 01


★★★これから300年の変化★★★



今、神様からメッセージがあり、

神人合一の話もよいが、早くあのことを伝えてくれんか??

と、おっしゃるので、



私は順序的にまだ早いのではないかと思っていたのですが、

みなさんに伝えることにします。



これから地球は加速度的に、霊的進化を遂げていきます。

政治経済は、劇的変化し、

小さな紛争はあるものの、大きな戦争は無く、

だんだん国による政治経済体制は同じような体制となってゆき、

世界統一国家の基礎ができます。



それからも、さまざまな争いはありますが、

およそ300年以内には、ほぼ理想社会が建設されています。



なので、そこはもう、霊的な地獄界はありません。

つまり、今現在は、

来世、理想社会へ生まれ変わることができるかどうかの、

人類にとってのターニングポイントなのです。



今世の死後、地獄へ落ちてしまったものは、

もう二度と地球に生まれ変わることはできなくなります。



地球に、地獄界を反映する現実界の場所が無くなるからです。



つまり、最低でも、今世の死後、

中有霊界の上のほうの霊界か、天国界か、神界へ入っておかないと、



永遠に地獄霊界で苦しむか、



第二の地球で、また初めから、生まれ変わって、

地獄の苦しみを味わう転生を繰り返しながら、天国界をめざすか、



どちらかになるのです。



聖書でいう、審判の時とは、このことを言います。



そして、天変地異も世界中で頻繁に起こります。



これは、人類が積み上げてしまった悪想念の業を

地球自身の自浄作用によって、きれいにするだけの話なので、

人類にとっては自業自得なのです。



今までだったら、

地球には、天国界の住人や、中有霊界の住人が大勢いたので、

地獄界の住人はまだ救いもありましたが、

次に生まれ変わる、

第二の地球の現実界は恐ろしい世界となることでしょう。



とくに、一番悲惨なのは、一般人で、ちょっと下の人々です。

「中の中」の人と、「中の下」の人です。



この人たちは、次に生まれ変わったとき、

普通の人としてではなく、

その世界では、最も魂のレベルの高い人になります。

つまり、自分たち以外は全て地獄界の人達ということです。



今までの常識は通用しません。

今、普通の人と言われているひとが、

最も苦しい想いをすることになります。



なんだか割に合わない話ですが、

これはもう、今更、どうしようもないのです。

だからこそ、今、生きているうちに、自らの霊的なレベルを

上げなくてはならないのです。



今、大反省しなければならないのは、

一般的に普通の人と言われている人、

普通の人だと自分で思っている人なのです。



だから、神様は、

色々な人をこの世に遣わして、警告しているんです。

使命あるひとたちが、

自分のできる範囲のことを一生懸命にしています。



その理由が、今話したことです。



天変地異が起こるのも、

鳥インフルエンザが起こるのも、

口蹄疫が発生したのも、

全ては普通一般の人に対する警告です。



決して、地獄界の住人に対してだけではないのです。



もっといえば、鳥インフルエンザが発生した理由は、

鳥を飼育している人が、

◎鳥への感謝の気持ちが足りないこと。

◎長年、お金のために、

 鳥にとって体に悪い様々な薬を与え続け、
 鳥本来のもつ、免疫力や自然治癒力を低下させたこと、
 

 です。



被害にあわれた人は、可哀想だとは思いますが、

決して理由なく、神様は天罰を下すことはないし、

ただ単に運が悪いから、

鳥が伝染病にかかったわけでもありません。



鳥たちの自然治癒力が、それだけ低下していただけです。



人間でも、薬漬けにされたら副作用で自然治癒力は低下します。

そのために、他の病気を併発し、ときには死亡します。



それに、伝染病の病原菌なんて、そこらじゅうにいますよ。

健康体の人は、

病原菌に負けないだけの自然治癒力が備わっていますから、

病にかからないというだけの話です。



鳥も同じです。牛もそうです。



本来、動物たちは、人間よりも過酷な環境で生き抜くために、

人間よりも強力な自然治癒力を備えています。

しかし、それでも、

長年薬漬けにされたせいで、インフルエンザや口蹄疫に

かかってしまったのです。



ただ殺処分したり、消毒するだけでは、

根本的解決にはなりません。



神様は、「まだわからんのか!!」と怒りまくっています。



普通、痛い目にあったら、心のどこかで、

今までの自分たちの飼育方法が間違っていたのでは??

と想いをはせるはずです。

ところが、反省するどころか、

自分たちは単なる犠牲者と思っているだけです。



人間が過ちに自ら氣づくまで、次から次へと、

伝染病や天災は収まらないでしょう。



これは、動物にかぎったことではありません。

今の日本の医学界の

薬漬け、金儲け主義、権威主義のせいで、

人間の自然治癒力はどんどん低下しています。



しかも、わかっていて、やっています。



だから、

医学に携わる80パーセントの人は、

地獄に落ちてしまいます。

とくに、医学学会の人達。

悲しいことですが、それが現実です。



このことについても、神様は、鳥や牛たちの伝染病を通じて、

人間たちに警告しているのです。

このままいけば、

人間にとっての伝染病が流行ることになるが、

それでいいのか??と。



また、医学界だけではない。



政治家、官僚、教師、他、指導的立場にいる人、

全てが警告の対象です。まだわからんのか!!!!!と。



実は、この、指導的立場にいる人たち、

ほんとはわかっています。

わかっていて、できないんです。保身のために。



周囲の人間たちの無理解のために。

言いだせば、周囲の人たちから支援されなくなり、

自分が権力を失うことを

わかっているからです。



しかし、わかっていてやらないのは、ものすごい罪になります。

それだけ、権力というものは、怖いものでもあるのです。



自分の言動次第で、

巨大な功徳を積むか、巨大な罪業を積むか、

どちらかだからです。



このことは、もっと後で、お話するつもりでしたが、

神様に頼まれては、嫌とはいえません。

自業自得とはいえ、

一人でも多くの人達が救われることを祈るしかありません。



次回は、この天変地異や伝染病を止める方法を、

お話したいと思います。

ではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College