ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 01


★★★薬の話2★★★


薬は粉末薬や液体エキス薬などがあります。

ここでいう「薬」とは、前回の、


1、生命エネルギーである精氣を消費させ、

  体の機能を低下させる薬=病院の薬

2、生命エネルギーである精氣を消費させ、体を治す薬

  =解毒剤と漢方粉末薬

3、生命エネルギーである精氣を補給しながら、体を治す薬

  =新鮮な薬効食材と薬効微生物

の3種類のうちの、1と2の薬のことです。


薬のメカニズムを説明するとき、

人間を一つの工業都市だと仮定すると、わかりやすいです。


粉末薬や化学薬品は、いわば、機械の部品です。

強い薬ほど、高性能の部品です。が、


高性能の部品ほど、

高性能なるがゆえに、電力もたくさん使うのです。

つまり、強い薬ほど、

精氣エネルギーをたくさん消費するのです。



例えば、



肝臓という巨大工場の、

ある部品装置が、たくさん壊れてしまったとします。

とても大切な部品です。

工場の職人さんたちは、あわてて修理しようとします。

他の工場へ問い合わせ、同じ部品がないか確認しますが、

数が少なく、間に合いません。



原材料から作っていたのでは、時間がかかりすぎます。

と、そこへ、高性能部品が大量に送られてきました。



なんと外界から

「強い薬」という名の高性能部品が送られてきたのです!!

職人たちは、急いで「強い薬」を使って修理しました。



そして、電源スイッチをいれました。



ところが、ちゃんと稼働するのですが、

電圧メーターがおかしいのです。

今まで足りていた電力が急激に下がっています。



どうやら「強い薬」という部品は、

メーカーが、中国だったようです笑。

雑に作られているせいか、

必要な電力がとても大きく、今のままでは

装置がストップしてしまいます。



そこで、職人は、

他の工場に急遽、電力を分けてもらうことにしました。

いつも仲良くしている「腎臓工場」へ頼み、

沢山の電力をもらい、

なんとか「肝臓工場」を正常に稼働できました。



ほっとしていると、

また異常事態を知らせるベルが鳴り響きます。

なんだなんだ今度は!!

職人たちがあわてて調べると、

「強い薬」で製造した「肝臓製品」に

欠陥があることがわかったのです!!!



あわてて製造をストップしましたが、時すでに遅し。



「肝臓製品」は他の臓器工場で使用されて、

それぞれの工場の大切な部品装置を破壊してしまったのです!!!



せっかく肝臓工場は直ったのに、

巨額な負債をかかえ、倒産し、閉鎖されてしまいました。

他の工場も、そのあおりを受け、連鎖倒産し、

「人間都市」は、

さら地に変えられ、なくなってしまいましたとさ。



チャンチャン!!

と、こんな感じです。



病院の強い薬の怖さをわかっていただけましたか笑。

薬が精氣エネルギーを大量に必要とする理由は、

薬は部品であって、

それ自身には、電池は入っていない!!ってことです。



今回のケースは、

「強い薬」という高性能部品は雑に作られていたものの、

一応、肝臓工場の大事な装置は稼働できたので、

医師の処方は間違っていません。

にもかかわらず、人間都市は滅びてしまったのです。

こわいですねえ。。。。



もしこれが、処方が間違っていたら、

もっと早く人間都市は滅んでいたでしょう。



薬を飲むと、精氣エネルギーをなぜ消耗するのか、

そして、病院でもらったり、注射されたりする薬のおそろしさが

わかっていただけたでしょうか??


ではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College