ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 01


★★★私の半生3★★★


高校生になってから、

私はますます10歳の頃の想いが強くなっていった。



この病んだ世界をなんとかしたいと。

それからまず、

世界統一国家をつくるためにはどうしたらいいか、

ということを考えるようになった。


なぜこの世の中が幸せでないのか、

宗教がたくさんあって、お互いに

けなしあっているのはなぜか??

まずは、宗教を一つにしないことには、

世界統一国家は不可能だろうと、当時の私は考えた。



15歳にもなると、ますます四書五経にのめりこみ、

老荘思想にも傾倒し、禅や仏教、神道系の宗教なども学んだ。



また、そのころ私は初めて「エホバの証人」のことを知った。

なんだか変わった新興宗教らしいとのこと。



しかし、周りにいた

キリスト教のカトリック信者の女友達に話しを聞くと、

「あの人たちは、なんか、勘違いしてるのよ!!」

と言うばかりで、

なにを勘違いしているのか、どんな宗教なのか、

一向に要領をえない。



そうすると、



「家政科のクラスに、エホバの証人の信者の人がいるから、

 話を聞いてみたら??」という。



私は女友達に、

「君は、話を聞いたことはあるの??」

と尋ねたが、それはない、という。

周りの噂からただ拒絶していただけらしい。



どうも、キリスト教系の人は、頑固な人が多い笑。

私も一応、聖書は読んでいたので、

そのエホバの証人のNさんに話を聞くことにした。

当時、家政科は女子だけの一クラスしかない科だったが、

私は休み時間にずかずかと乗り込んで、


「Nさん、いる??」と聞いた。

みるみるキャーという奇声があがる。

どうやら誤解されたらしい笑。

それでもその場で話をした。


Nさんは、休日に家に来てほしいという。

私は承諾し、休日、早速家まで行った。


Nさんの家族総出で私を迎えてくれた。

さっそく、「ものみの塔」なる冊子を渡され読んだ。

他にもたくさんの書物があったが、

すべて読んでも、

これは、一つの仮説にすぎないと言わざるをえなかった。



エホバの証人さんの言いたいことは、こうだ。

「人間は罪深き生き物であり、自分たちの力では、理想社会は築けない。

しかし、聖書の預言にあるが、世紀末、イエスキリストが再臨し、

神の力によって、悪しき者は全て滅ぼされ、この世に善人ばかりの

理想社会が築かれる。そして救われる者たちは、エホバの証人の信者だけだ。」

というものだった。



確かに、聖書に書かれてあることを

そう解釈しようと思えば、できなくはない。

しかし、聖書はあくまで詩的であり、

抽象的な表現で書かれてあるから、

考え方次第では、どんな風にでも解釈することができるのだ。



あくまでエホバの証人さんの考えは、一つの仮説にすぎない。



しかも、一度死んだイエスが生き返り、

エホバの証人以外全て滅ぶ、

という考えは、かなりファンタジーな考えだ。

SF小説ならともかく、

これをなぜ信じきれるのか、

理解に苦しむが、いや、なんのことはない。



彼らは、それを、正しいと信じているのではなく、

信じたいのだ。



人は真実を追い求めるものだし、

それが正しいかどうかは

神ならぬ人にわかろうはずもない。

だから、

自分の今までの人生経験から得た正しさを、

だれもが信じたいのだ。


気持ちはわからなくはないが、

私は賛同はできなかった。

後に、第2の神人合一を果たし、色々と神様に直接伺って、

私の判断は、間違っていなかったことを確認した。



もし、本当に、エホバの証人さんが、

自分たちの説は正しいと確信しようと思うのであれば、

自分が神人合一して、実際に本物の神様とお話して、

確かめればいいと思う。



そうでなければ、単なる一つの仮説にすぎないのだから、

それをさも絶対に正しいと言わんばかりに世の中に

広めようとするのは、卑怯だと私は思う。



しかし、私は、無理に彼らを正そうという気にはなれない。



あと100年もすれば、イエスは生き返らないとわかるだろうし笑、

それまでは、たとえ間違っていたとしても、

信じる物があったほうが、

人は幸せに生きていけるものだからだ。



少し迷惑な部分はあるが、

悪いことをするより遥かにいい。



まあ、一部、過激な信者もいるみたいですけど笑。

しかし、それは、他の全ての宗教団体にも言えることだ。



が、現実問題として、

自分のところの宗教がもっともレベルが高く正しい、

と、宣伝しないと、

信者を集められないし、

団体も維持できないから、

という理由が大きい。



無能な教育委員会と本質は同じである。



間違ってはいるんだけれど、

「これはこうだからこうしなさい」

と、今のところ、強く言わないと、

全体を維持できないから、

仕方なくそうしているだけだ。



いかに、今の官僚や宗教教祖の霊的咀嚼力が低いか、

その程度が知れる。

それでも、

20パーセントくらいの正しさしかない宗教でも、

それを必要としている人間はいるのだから、

あえて攻撃する必要もない。



ただし、時代とともに、必要とされる教えというものは、

どんどん高度に進化していく。



とくにこれから生まれてくる子供たちは、

生まれながらに悟りを得ている子も多くなる。



そんな子供は、神人合一の境地を体得するぞ!!

という目的を持って生まれてくる子もいるのだ。



そのために、私は、

自分にできることをただやるだけである。

それではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College