ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 01


★★★私の半生4★★★

◆行く気の無い大学受験に当然のごとく落ちた私は、

 東京へ上京し、新聞奨学生として働きながら、

 世界連邦政府を作り、世界平和を樹立するために、

 自分は何をすればよいのか、

 考え続けていた。



 予備校には、どんなもんだろうと、

 初日に行っただけで、いくのをやめた。

 大学へ行く気など、さらさら無かった。



 とにかく、知りたいことを知ろうと思ったので、

 あらゆるジャンルの本を読みまくった。


 朝3時から新聞配達をして、日中は交通警備のアルバイトをし、

 夕方から夕刊を配達して、夜は集金業務やチラシの折り込みをし、

 終わると、ずっと本を読んでいた。


 当時、交通警備のバイトはとてもお金が高く、

 新聞配達の給与と合わせると、自由になるお金が月に30万はあったが、

 そのお金は全て本代に消えた。


 そんな生活をしているうちに、同じ新聞配達センターで働く

 藤原さんという人と知り合った。

 藤原さんは、東洋医学を極めて老人福祉事業に役立てたいと頑張っている人で、

 ある日、私をいいところへ連れて行ってあげると、

 「道院」というところへ案内していただいた。


 そこで、玄学に出会うこととなる。

 そこでは、あらゆる宗教、科学、哲学、医学、など、

 全ての学問のエッセンスが集約されたような場所だった。


 そこには様々な道における超一流を極めた人達が集う場所だったのだ。


 話を聞くと、過去、道を極めた神人や道の創始者が、

 最後に辿りつくのが「道院」だという。


 そこで、私は、それまで学んできたことの全ての疑問が氷解し、

 森羅万象の法則をマスターすることとなる。


 そして、同じく、道院の一人で、神人合一の境地を体得した、

 私の師と出会うことになった。

 高校卒業してから1年間で、神人合一の法を学び終えた私は、

 道院を卒業し、神人合一の境地を体得するための

 実践修行を始めた。20歳の時のこととなる。


 それから5年後、


 初めのほうのブログに書いたように、私は、

 25歳のときに、第2の神人合一の境地を体得することになったのだ。


 そして、25歳から今までの15年間、万能性、自在性を学ぶために、

 作詞、作曲、編曲、ボーカル、書道、道歌、気功療術、救霊、

 創作料理、建築会社経営、工業デザイナー、機構設計、


 などを通じて、神人合一の境地を求道し続けている。

 つい最近までは、アトモスという会社で、

 携帯電話のデザインと機構設計の仕事をしながら、

 会社の社長や専務に、神人合一の法を伝授していました。


 しかし、実業界に身を置く人は、なかなか傲慢な人が多いので、

 いくら説明しても、

「うーん、わからない。。。」というばかりでした。

 無理もないかもしれません。


 別に、神人合一しなくても、生きてはいけるし、並み以上の収入は取れるし、

 今更さらに上を目指さなくても、、、と思うのも無理ないことです。


 それでも、なにかしらを感じてはもらえていました。

 へえ〜、そんな世界があるんだねえ〜。。。みたいな笑。


 20歳から今まで、色々な会社で、そこの社長さんや専務さんや、

 社員さん達の、悩み相談や、会社の方向性の相談、


 社長の家族、知り合いの会社の社長さんや大学教授さんなど、

 沢山の人達と出会い、交流してきました。


 しかし、長年の無茶な救霊活動が祟ったのか、

 すでに私の体はボロボロになっていました。

 私の師もそうだし、霊媒体質の人で救霊活動を行う人は、


 心臓にかなりの負担がかかるのです。

 なぜかというと、四六時中、魔界の魔物と闘い続けているので、

 なかなか眠れないからです。


 前に話しましたが、魔界の魔物たちは、人類を憎み、滅ぼそうと願っています。

 だから、神人合一し、世の中の人達を救うようなことをされては困るのです。


 無理のしすぎは良くないことは、十分わかっていますが、

 それでも、出会った人々に対して、やれば救えるとわかっていて、

 わが身可愛さに、身捨てることが、できると思いますか??


 私にはできません。


 それで死ぬのなら、それが私の天命だということです。


 幸い今は、何もせずに、自宅療養をしています。

 ときどき、心臓が締め付けられるように痛くなり、

 左胸や他の臓器も苦しくなりますが、

 体を休めることができています。


 こうして今までの私の経験をブログにまとめることができるのも、

 自宅療養しているおかげです。

 しかし、だんだん体調は悪くなっていますが笑。

 そろそろ寿命なのかもしれません。


 それまでに、なんとか私の得た、神人合一の法を全て、

 ブログに書き込めればよいのですが。。。


 なかなか魔物の邪魔にあって、進みません笑。

 作詞作曲した私の音楽をブログで発表したいけれど、

 機材も無く、レコーディングもできない状況なので、

 死ぬまでに発表するのは無理かもしれません。



 残念ですが、それは来世でも発表できるからいいかな笑。

 今世、得た作品や才能は、死んでも、来世へ持って行けるんですよ!!

 だから、努力して報われないことなど、ひとつもないんです。


 ではそろそろ失礼します。


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College