ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 02


★★★審神とは★★★




⇒審神は大きく分けて、三種類あるのです。

 一つは、『近距離審神』です。

 顔写真か、実物の顔を十メートル以内で見ることで、

 その人の前世や魂の遍歴、現世の心や行動原理、

 守護霊、守護神や憑依されている悪霊や生霊など、

 そして、その人の隠れた才能や霊力、肉体的な強さ、

 全て分かります。



 二つ目は、『中距離審神』です。

 これは、自分の周囲半径十メートルから百メートル以内の

 空間内にいる人物に対して行う審神です。

 これは、肉眼で捕えなくても、百メートル以内であれば、

 どこにどのくらいの強さの人間が存在しているかが、

 正確に分かります。

 移動していれば、そのスピードも分かります。

 しかし、まったく審神したことが無い人物だった場合、

 何を考えているのかは分かりません。

 前世や霊的な背景も全て分かりません。

 どんな才能を持っているのかも分かりません。

 三つめは『遠距離審神』です。

 これは、距離は関係ありません。何千キロ離れていようと、です。

 これは、さっきも言いましたけど、

 一度でも『近距離審神』をしていないと、何も分かりません。

 『近距離審神』をしていたとしても、意識が無ければ、

 何も分かりません。

 遠距離審神で分かることは、その人の今現在の心と行動だけです。

 それも、詳細なことは分かりません。

 しかし、この三つの審神が出来れば、大体困ることはありません。

 これが、基本的な審神の法です。


 一般的に言う審神とは、『近距離審神』のことです。

 審神とは、『沙庭』という、

 皇室で行われる近距離審神の場所があり、

 古くは、武内宿禰(たけのうちのすくね)という皇室の神通力者が

 『沙庭』で皇后の守護神を看破したことから、

 『神を審らかにする』という意味で、

 審神と書いて「さにわ」と呼ぶようになりました。

 ただし、真正の神通力とは、

 「人の魂の向上の為に、必要な時に必要なことだけが判る」

 というものであり、

 魔界の霊能力とは、人の魂の向上ではなく、

 物質的欲望を満たすための霊言や霊聴が多く、

 ただの「物当て」ばかりが目立つ、という特徴があります。

 この場合、ほとんどの霊能力者は、

 魔界の狐や狸に取り憑かれています。

 だから、占い的に、ただ当たるから、という理由で、

 その霊能力者に深入りすると、地獄を見ることになります。

 ご注意を笑。


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College