ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 02


★★★言霊救霊★★★



よく、「言霊」って言葉を耳にしますが、日本では、古来から、

人に取り憑いた悪霊を祓う時に、言霊の力によって、祓います。

具体的には、天津祝詞やヒフミ祝詞、

真言密教系のマントラや般若心経など、

言葉の響きの美しい、神々しく清々しく、玄妙で厳かな韻律を持つ、

これらの文言を唱えることによって、

言葉は神の光の力を持ち、取り憑いた悪霊が、たまらずに退散する、

という理屈なのです。

しかし、誰でもただ唱えれば、神力を持つ言霊を放つことが出来るか、

というと、そうではありません。

愛と真心と慈悲心で己の心を100パーセント、

満たした状態でなくては、

唱える者自身の邪気によって、言霊が汚れ、

悪霊は、その汚れた部分に隠れてしまい、

祓うことができません。

だから、心身共に極まった人物が唱えないと、

どんなに素晴らしい文言を唱えても、救霊は出来ないのです。

これが、言霊救霊の基本であり、大原則です。

神人合一の法の中で、この世界は主に3つの世界で成り立っている、

と、お話しました。

つまり、「神界」「霊界」「現実界」の三つです。

しかし、さらに、「神界」は、大きく3つに分かれています。

「絶対神界」「極微神界」「顕現神界」の3つです。

絶対神界とは、無を司る絶対神の世界です。

人が知覚することも想像することも出来ない世界です。

極微神界とは、無の世界から点が生まれ、

そこから無限の種類の玄妙な波動が出てきた状態の神界です。

まだ何も形を為さない、有の始まりの世界です。

中国の老子が道徳経の中で、

「くらげが漂っている様な感じ」と、表現しています。

「顕現神界」とは、

極微神界から、段々と波動が凝縮され、まとまってきて、

荒い波動になってきて、

神格ある神様の世界が出来てきますが、

ここから先の世界から「顕現神界」と呼び、区別します。

顕現神界は、6次元神界からスタートします。

6次元と5次元が、顕現神界です。

顕現神界は、人が霊体を持って入ることが出来ない世界であり、

純粋な神様の世界です。神様しか存在しません。

そして、人間の魂は、よく神様の分魂である、と言われますが、

人間の魂は、

5次元と6次元の顕現神界のエネルギーで創られています。

その上の、極微神界と絶対神界とも繋がっていますが、

人間には知覚できません。

言霊の世界で、神様のことをなぜ、「カミ」と呼ぶのか??

というと、

実は、カミ、というのは、略語なんです。

正式には、日本言霊学では、

『かくりみ』『かごりみ』『かがりみ』『かげりみ』『かぎりみ』

の、5つのカミの総称が、神なのです。それぞれ、

『隠身』『仮凝身』『輝身』『影身』『限身』と漢字があてられます。

勘のいい人は、もうお分かりだと思いますが、

『隠身』=『絶対神界』

『仮凝身』=『玄妙神界』

『輝身』=『顕現神界』

『影身』=『神霊』=『4次元霊界にいらっしゃる神様』

『限身』=『現人神』=『肉体を持った人類』

のことです。

つまり、人間は、まさしく、

肉体を持った『神』として創造されたのです!!

『かくりみ』『かごりみ』『かがりみ』『かげりみ』『かぎりみ』

の違いは、く、こ、か、け、き、という、言葉の違いだけで、

母音では、う、お、あ、え、い、となります。

この母音の順番で、

波動は、玄妙で精妙な世界から、

最も荒々しい波動の物質世界へと

変化していくのです。

神界は、『感謝、感激、感動』の世界なのですが、

母音とは、まさに、人間の心が神界へ没入した時の言霊なのです。

だから、人が何かに感動すると、自然に、

『ああっ!!』とか、『いいっ!!』とか、

『うっ!!』とか、『ええっ!?』とか、『おおっ!!』

とか、思わず声に出てしまいますよね。

この瞬間、人は、心の世界を飛び越えて、神界に浸っているのです。

つまりは、神人合一しているのですよ。

人は、この世に、

なるべく多くの神人合一の時間を持ち、己の霊層を上げる為に

生まれてくるのです。

だから、教戒神通力という最高次元の神人合一の境地から、

自然の美しい景色を見て感動するという、

最低次元の神人合一の境地まで、

様々な種類とレベルの神人合一の歓びを、

自分なりに楽しんで生きていくことが、

神人合一の道を歩むことになり、

最高の人生を全うできることになるのです。

お金も権力も地位名誉も、その為のツールでしかありません。

だから、本末転倒しないように、

ツールを獲得することが人生の目標となってはいけません。

人生の本義は、神人合一の歓喜を味わうことにあるのです。

いついかなる時でも、このことを忘れなければ、

貧乏だろうと、病気だろうと、現実的な幸せが何も無くても、

幸せでいられるのです。

今の僕が、まさにそうです。

天涯孤独であり、極貧者で、病気に苦しんでいます。

恋人も無く、真に分かりあえる友人もいません。

この現実世界では、何一つ幸せなことがありません。

でも、僕はいつも神様と仲良しこよし笑!!

こうしてブログで神人合一の道を広めるぞ!!という情熱もある。

その為には、どうすればいいのかを、いつも神様と相談しています。

だから、僕は幸せ者です。

これが、言霊救霊学の根本理論です。

これは、神人である、大石凝真澄という人物が、

古事記を30年研究し、

著した『古事記大綱』全30巻、

価格にして15万円を、僕が19歳の時に研究し、

更に万人に分かりやすいように、

僕なりにアレンジし、神様からも助言をいただき、

言霊救霊学として、体系づけた、僕のオリジナル理論です。

だから、書店には無く、世界初です。


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College