ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 02


★★★聖観音様との問答4『気付き、気遣い、気を回すことを一言で言うと何だ?』★★★



お題のように問われ、私は、八ッとして、

即妙に道歌を作って答えました。


『人情の 機微察知して 和気つくり 魂磨く事が 包容力なり』と。

すると、聖観音様は、

『その通り!!』

とおっしゃいました。


つまり、『気付き、気遣い、気を回す』ということは、

一言で言うなら、『包容力』なんだ!!・・・と。


裏を返せば、ただ自分が嫌われたくないから、とか、

ただ、周りの人達から愛されたいから、とか、

自分の立場が危うくなるから、とか、

そういう想いで周りの人間に気を遣うというのは、

それは、気を遣っているのではなく、

ただ単に、怯えているだけなんだと。

それは、気遣いでもなんでもない。

本物の気遣いとは、和気を作って、みんなの魂や心が磨かれるように

仕向けることができること。

そして、それが、包容力なのだと。

リーダーに最も必要不可欠なものですね。


井戸端会議の主婦、権力闘争にあけくれる人々、派閥を作る人、

地位名誉を守る為に愛想笑いし気を遣う人。


みんな、気を遣っていると、思い込んでいますが、

それは、気遣いではない。

それは、全て、怯えからくる自己保身の何者でもない。

レベルの低い和を保つ為に、自分と周囲の人々の魂のレベルを

低下させているだけなので、

神様からみたら、立派な犯罪なんですよ。それも、かなり重罪。


こう考えると、世の中のほとんどの人が、偽りの気遣いの重罪を

日常的に犯している、ということに、気づきませんか??


こんな風に、人間と神様とは、善悪の尺度が

まるで違うんですよ!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College