ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 03


★★★ピラミッドは、どうやって作られたのか??★★★


このブログの読者の方たちの疑問にお答えするコーナー!!笑

今回は、『ピラミッドは、どうやって作られたのか??』です。
それには、まず、未だ明かされていない、

秘密の歴史を紐解く必要があるのです〜・・・



太陽系の惑星のうち、人類は、3つの惑星に、
時期的には少しずつずれて、誕生しました。

その内の一つは、彗星による衝突で、破壊され、

今はもうありませんが、
仮に、その星を『創元星』と名付けましょう。

創元星は、現在の火星と木星の中間地点にありました。
そして、一番初めに創元星に人類が誕生し、

次に火星に誕生し、最後に地球に誕生しました。

創元星はゆるやかに発展し、

超科学技術と高度精神性を併せ持つ、

素晴らしい星でしたが、
平和が長く続き過ぎて、人々の精神性が腐敗し始めました。

そして、巨大彗星の衝突により、粉砕されました。

しかし、その前に、
巨大宇宙船によって、脱出した創元星人は、

火星に移住しました。

 

火星人は、当時はまだ原始人レベルの民族でしたが、
創元星人の手助けによって、

わずか1000年足らずで、急発展しました。

しかし、火星人達の精神性はまだ未熟でした。


恩人である創元星人を裏切り、

超科学兵器による戦争がおこり、

火星は死の星となりました。

生き残った創元星人と火星人たちは、やむなく地球へ移住しました。

当時の地球は、やはり原始人として、

マンモスを追いかけていました。
 

創元星人と火星人は、一致団結して、

地球人たちに、科学技術や精神的な教えを授け、
二度と同じ過ちを繰り返さないように、細心の注意を払いながら、
平和的に地球人たちを統治しようとしました。

初めの内は、地球人たちは、

彼らを神のようにあがめ、尊敬していました。

彼らから授かった超科学の力、

特に、重力を自在に制御する力で、
削り出した大きな石を浮遊させて、ピラミッドを創建しました。

これは、地球人たちの友好の証しであり、
創元星人と火星人たちの宇宙船を、

自分達の所へ誘導する目印でもありました。
 

しかし、悪ーいことを考える地球人たちの手によって、

ほとんどの創元星人と火星人たちは殺され、

わずかに生き残った者たちは、
宇宙船に乗って、月へ辿り付き、

そこに居住スペースを作り、住むようになりました。

野蛮な地球人とは、

今は共に暮らせないことを悟った創元星人、火星人たちは、
月を宇宙船の基地として、

定期的に地球と月を行き来するようになりました。
 

時には地球の危機を救ったり、

時にはソドムとゴモラの街を滅ぼしたり、
地球人たちの精神レベルを、なんとか向上させようと、
ありとあらゆる手を尽くしました。

そして、地球人には気づかれないように、

少しずつ地球へ移住する者、
ずっと宇宙船で生活し、

たまに地球へ食糧(牛や豚などのたんぱく質や野菜など)を

調達しに行く者、など、

同じ創元星人、火星人でも、
地球人への考え方や接し方は、様々でした。


しかし、未だにほとんどの創元星人、火星人たちは、

地球に対して傍観者の立場です。

長年の経験から、地球人達自身の手によって、

自分達の精神性をある程度高めた時に、
自分達の姿を現すことができる、と、そう考えているようです。

それまでは、傍観者に徹しようと。

 

超科学技術を地球人に教えないのも、長年の経験から、
『精神の未熟な地球人に超科学技術を教えても、

すぐに戦争を起こして滅ぶだけだ』
と、解っているからです。


つまり、ピラミッドは、そうやって、作られたのです。
王が特権を利用して、

傲慢に、奴隷を使って創ったわけじゃありましぇーん笑!!

この、超古代文明の歴史は、

南極の氷の下にある、巨大な空間に、眠っていますよ。
近い将来、それが発見されることでしょう。


まあ、こんなこと書いたって、誰も信じないだろうし、
僕の創作小説なんだろうと思うだけだから、
何の問題も無いと思います笑

さて、これが事実なのか??、それとも僕の創作なのか??
みなさんは、どう思いますか〜??笑


それではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College