ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 03


★★★プチさんの質問〜神の試練をどう受け止めたら良いのか??★★★



プチさんは、アルツハイマーの母親の介護をしている方です。

大変ですよね〜・・・介護って。

世の中に、沢山いらっしゃるのではないかと思います。
『なぜ私が、介護しなくちゃいけないのか??』
と、想っている人達が!!

でも、神様から見ると、逆なんです。

神様は、
『なぜ、折角、悟りの境地に到る為の、尊い試練を、
 ただの『疲れる作業』だ、と考えるのか??
 おぬしは、自分が自ら進んで、

 もっと自分の精神レベルを上げたい!!と、発願して、
 生まれ変わったはずではなかったのか??』
と、そう思っています。


人は、幸せで、恵まれた環境にいると、

精神は少しずつ堕落していきます。
 

余程、求道的な心の極まった人でなければ、
今の自分の精神レベルを自分の力で上げてゆく事って、

なかなか出来ないものなのです。

だから、神様は、試練を与えるのです。


そもそも、地球へ生まれ変わる前に、
『自分を磨きたいので、どうか試練を与えてください!!』
と、願い出た人でないと、
神様も、試練なんか、与えたりしません。

でも、想っていたよりも、現実界の試練は、つらいものです。

自分が発願したとはいえ、

つい、自分の運命を呪ってしまうことは、よくあります。
  

確かに、アルツハイマーの老人の世話は、大変です。
まるで、生後1年くらいの、わがまま方題の赤ちゃんそのものです。
感情のままに泣くわ喚くわ、おしっこうんこはするわ、大変です。

でも、自分がお腹を痛めて産んだ子供なら、どうでしょうか??

おしっこもうんこも、

「わあ・・・こんなに小さいのに、生きてるんだなあ・・・」
って、想いませんか??

僕は、母子家庭で育ちましたが、
中学2年の時に、母親が不倫の子供を産んで、

その世話を、僕に押しつけました。

僕は、「この子には、何の罪もないのに、

生まれながらに父親がいないなんて・・・」
と、想いまして、この子が可愛くて、

毎日、おしめを替えたり、お風呂に入れたりして、

楽しかったことを覚えています。


 

子供を育てるなんて、愛が極まっていないと、できません。
ましてや、自分の親でもない、夫の母親が、赤ん坊みたいになって、
世話しなきゃいけないなんて、
子供を育てるよりも、もっともっと、

愛が極まっていないと、できないことです。


だからこそ、アルツハイマーの母親に無償の愛を与えるという事は、
試練というよりも、

『自分を爆発的に高める為の、秘薬のようなもの』


なのです。


神様は、その気になれば、それができる人だ、と思うから、
わざわざ苦労して、そういう環境を与えているのです。

それを、ただ、苦痛としか捉えられないのは、
地球へ生まれてきた目的を忘れているだけのことです。

それと、世間一般の人達の、
『介護はつらく悲しいもの』
という、先入観に、自分自身が支配されてしまっているだけの話です。

目の前の、アルツハイマーの老人は、
自分の心を極まらせる、いい対象なわけです。

そういう存在がいるから、
えいっ!!うん!!よいしょ!!
と、気合い一閃、自分に負けている心を奮い立たせて、
愛情を絞り出して、ただひたすら、もくもくと、お世話する。

よっしぁあ!!やるでえ!!
と、気合いが入る。

めんどくさいと思っている内は、

まだまだ自分が自分に負けているって事なのです。



あなたは、かの有名な、マザーテレサと、同じ精神的境地へ立てる、
環境を手に入れているわけです。

それを利用しない手はないわけです。

もう気分は、マザーテレサ!!笑

無償の愛を注ぐことができる対象がいることを、
心から神様へ感謝したい気持になれるのです。

だから、そういう存在と環境をあたえられている人は、

一般の人々よりも、
よほど、神に愛されている人、ということが言えます。

プチ3046さん。
あなたは、神によほど愛され、信頼されている人なのです。

世間の常識なんて、忘れてしまえばいい!!
(なんか、歌詞の一節みたいですね笑)

本物の愛情って、自然に出るものではないんですよ。

本物の愛情とは、自分の中から、知恵と勇気を持って、
『しぼりだすもの』
なのです。

そして、本当の幸せとは、

自分で自分の魂を向上させることが出来た瞬間の、
至福の充実感です。


自分を磨く為に、姑の介護をやるんだ!!
と、覚悟して一心不乱にやっていくうちに、
不思議と、姑さんの態度が、変わってゆくことでしょう。

具体的には、おしっこうんこをもらしたら、

「アホか!!」と、笑い飛ばす。
 

奇声を発したり、奇行や暴れたりする時は、
何やっとんねん!!と、でっかいハリセンで頭をプッ叩いて、

つっこみ、笑い飛ばす。
実際に、厚紙を買ってきて、ハリセンを作るんです笑

そうやって、げんなりするような事に対しては、

無理やりでもいいから、笑いに変えることです。

でないと、ストレスたまりまくりますよ。

相手が、わがままが過ぎるときには、
無視しつつ、突然『愛してるぜ!!』と、顔を近づけて叫ぶ笑

こうやって、相手の氣をそらし、氣を変え、キョトンとさせる。
全てを笑いへ変えていく工夫が必要です。
できたら、姑さんを笑わせる。
赤ちゃんあやすように、変顔を研究する。
これが、愛を智慧によって、絞り出す、てことです。


プチ3046さん。
ケースバイケースで、自分で工夫して、

愛と笑いを創り出してください。

それではまた、後日談、質問など、お待ちしています〜!!

******************************************************************

◎追記します。
『生理前症候群』は、

生理によって引き起こされるものではなく、
日頃のストレスによって、自分の悪想念が溜まりに溜まって、
それが、生理という引き金によって、爆発するのが、
『生理前症候群』です。


ですから、大切なのは、日常生活を、

いかに、ストレス無く過ごすか、が、大切であり、
介護という現実を、自分自身が、どう前向きに捉えるか、

が大事なんです。

自分の精神は、自分がコントロールしているのです。
生理にコントロールされているわけではないのです。

とても大事なことなので、ここに明記しておきたいと思います。

***************************************************************

◎更に追記
愛は絞り出すもの、とは言っても、

なかなか現実に埋没すると、難しいものです。


僕も、何回も絶叫しています笑

『もう、早く、あの世へ連れて行ってくれませんかね??』

と、何度、神へ絶叫したことか。


でも、結局は、誰も助けてはくれない。

自分が強くなるしかないんですよね。
自分を幸せにするのは、自分だけなのだと、思い知るだけなんです。

周りの人の優しい言葉も、一時しのぎにしかならない。

考えても考えても、どうにもならない。


最後は、絶叫して、

『ああっ!!もうっ!!どうにでもしろや!!神様ようっ!!』てなもんで、

開き直って、強気で立ち向かうしかないんです。


そうして、強くなって、乗り越える心の在り方を自分で体得して、

あとから振り返ってみて、
『私は、なんであの頃、あんなに不安定だったんだろう??

 バカみたい・・・』
と、想うんです。


想いきって、覚悟を決めるしかないんですよ。

あとは、『冷徹な判断も愛の内』てこともあります。

時には鬼になることも、愛ですよ。
特に、わがままな人は、愛や優しさでは救えません笑

こうやって、人を冷静に分析してゆくと、

どうにもならない人に対する対処法が見つかります。


お会いして話ができたら、早いんですけどねえ・・・

文章では、なかなか意図が伝わらないです・・・


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College