ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 03


★★★現代精神医学の問題点★★★


最近、ブログで統合失調症に悩んでいるPさんと、
何通か、メール、コメントのやりとりをしました。

いやはや、いまだに、薬に頼る医者と患者の関係が
治っていないことに、驚いた。

そして、そこを取り巻く人々の、誤った認識の多さ・・・


統合失調症とは、昔は、精神分裂症と呼ばれていましたが、
多重人格もそうなのですが、
これ、全ては、悪霊、低級霊のなせる病なんですよ。

しかし、実際、これを科学で証明できないから、
万人に、これが正しい、と証明できないんですが、

僕ら神霊能力者からすれば、明らかです。

今回も、そのPさんを、何とか助けたかったんですが、
いかんせん、メールだけでは、限界がありました。

しかし、もう、自殺したいと考えるくらい、
せっぱつまっていたので、
真実を伝えましたが、
やはり、常識に対する思い込みが邪魔して、
真意を伝える事ができませんでした。

しかし、なんらかの、
立ち直るきっかけにでもなれば、と、願うばかりです。


知っている人も、多いと思いますが、
精神安定剤は、精神を安定させるものではありません。

精神を破壊するものです。

分裂症の人は、その意思薄弱の為に、
よく悪霊たちに弄ばれています。
だから、基本、自分が強くなるしかありません。

しかし、これがとても難しい。
体の弱い人が、筋肉をつけるのと同じくらい、
難しいのです。

しかし、治すためには、少しずつ、精神を鍛え、
悪霊に憑かれないようにするしかない。
それには、低級霊と同じような波動とチャンネルを合わさない様に
しなくてはならない。

日常生活の中で、自分の想念をコントロールする工夫をしなくては
ならないのです。

僕は、Pさんに、色々な念切り替えの考え方の工夫を
アドバイスしましたが、
「そんな元気はありません」とおっしゃる。
他、色々なアドバイスも、何かこう、
のれんに腕押し、というか、

返信では、
「できません・・・」とか、
「それは、無理です・・・」とか、
とにかく、否定から入ってくる。。。

そして、最後に、こうメールしました。


*******************

精神を司るのは、意思の力です。
そして、肉体を司るのは、精神の力です。

つまり、
意思の力が弱くなれば、精神力も弱くなり、
精神力が弱くなれば、肉体が不調となるのです。

そして、薬は、意思の力を弱めます。
すると、一時的に自然治癒力が弱まるので、
統合失調症の症状が出なくなります。
しかし、それは、幻の良い結果です。

風邪薬も同じです。
人の自然治癒力を弱めて、
風邪の症状を和らげます。

つまり、
統合失調症は、意思の力が弱い為に起こる病です。
治すには、
薬へ頼る心に喝を入れ、
薬を断つ恐怖心を自分の意思で乗り越え、
えいっ!!やあ!!って、気合をいれるしかないんです。

その覚悟があれば、
薬を断った後、気力を補強する食事療法を教えようと
思っていました。

しかし、まだ、薬を断つ気迫が出せないようなので、
それだったら、もう、
僕に出来ることは無いから、
僕のブログへ来ずに、
他の近くの信頼できるスピリチュアルな人に
救霊を頼んだほうがいいと、
想います。

薬を減らしても、
Pさんは、自分で自分の意思の力を
奮い立たせようとは、しないでしょ??微笑
だから、あえて、
薬を断ちなさい!!
と、メールしたのです。
全ては、Pさんの意思の力。
おりゃああって、いう、気迫を、
自分で出せるかどうか、という点が、
治るか治らないかの分岐点なのです。

そして、それを信じる事ができるかどうか。
今の自分は、偽りの自分で、
私は、本当は、こんな弱い人間じゃないぞ!!!!
と、信じ切れるかどうか、
そこが、大切なんです。
そこが、ポイント。

薬は、病を治すものではない、ということは、
もうわかってるでしょう。

その、意思を奮い立たせるのは、
自分しかありえないんですよ。

他人の優しい言葉ではない。

自分の意思の力を信じるしかない。

初めの内は、禁断症状がでるかもしれない。
でも、気にしない。

軽くダンスなどの、体を動かすことも、
禁断症状をやわらげます。

とにかく、意思の力を取り戻さないと、
事態は、少しずつ少しずつ、悪化していくだけです。

これは、数多くの僕の臨床結果でも、
わかりきっていることです。

あとは、Pさんの、選択の自由です。
僕は、世の中の全ての人を救えるとは
考えてません。

僕は、ただ、厳しい真実を伝えているだけです。
末期がんだって、そうでしょ??
人は絶対に治らないと信じ込んでます。
しかし、現実に、僕は、気功によって治しました。
それは、方法論が違うだけです。

筋肉を鍛えたら、筋肉痛になりますが、
そこを意思の力で乗り越えないと、
強くなれません。
精神も、それに似ています。
禁断症状をただ恐れていては、
精神を強くすることなどできません。

科学や薬学を信じすぎてはいけません。
人の意思の力に勝る精神薬は無いといっても過言ではない。
精神病にかかる人が、自分の意思の力で乗り越える例は、少ないから、
科学的には認めない医者は多い。

そこが、科学の落とし穴なんです。
科学はすばらしいが、万能ではない。
医学もすばらしいが、万能ではない。

特に、人の精神の領域は、
科学では、解明できない。
医学、薬学には、限界があるのです。

精神薬を飲んで、おばあちゃんが快方へむかってますか??
自分の精神状態がよくなってきましたか??
よくなってきたなら、
自殺したいなんて、言わないですよね??

精力気力の溢れた若者ならば、
薬の副作用にも耐えられるから、
症状が良くなることもあるけれど、
それは、薬のおかげでは、断じてない。

手術用の麻酔薬とは、わけが違う。

麻酔薬は、医学には、必ず必要なものです。

僕は、全ての薬が危険だなんて、一言も言ってない。

Pさんのことを本気で思うのならば、
周囲のみなさんの言うべき事は、違うでしょう??
僕は、Pさんのことを真剣に考えているから、
厳しいことも言う。
決して、その場しのぎの優しい言葉は使わない。

Pさんを想う気持ちが本気ならば、
Pさんが、悪霊に打ち勝つだけの力を持ってると、
まず、信じること。そして、健闘を祈ること。

ただ優しい言葉をかければ、それでいいと思っている人、
とても多いです。
科学医学を万能だと信じ、
自分が学んだことが正しいと、思い込んでいる人、
とても多いです。

常に、多数派の意見が正しいのだと、
思い込んでいる人、物凄く多いです。
そういう甘い言葉にまどわされては、いけません。

その人達も、悪気はないのですから。

************************

とまあ、こういうコメントを残しました。

しかし、やはり、僕が、実際にお会いして、
憑いている悪霊を祓わないと、
なかなか、自分で自分の意思の力を強くすることは、
難しいと思いました。

Pさんが、立ち直れるかは、5分5分、というところでしょうか・・・
今は、僕が、宮崎から身動きがとれないし、
Pさんも、経済的に苦しい状況です。
とても、宮崎までお越し下さるわけにもいきません。

僕としては、出来る限りの言霊をかけました。
しかし、出会う人、全てを助けることは、なかなかできません。
もどかしいですが、
Pさんが、自分の弱い心に打ち勝てることを
祈るしかない状況です。

それにしても、中途半端な気持ちと知識で、
見せかけだけの優しい言葉を、のたまう人の、
多い事多い事・・・

きっと、自分たちが正しいのだと、
信じ込んでるのでしょう。

僕は、自分自身が実際に、精神疾患の人間たちを
何百人と治してきた実績があるから、
自信をもって、アドバイスしているのだが、

横からコメントで、否定してくるのだ。
「この人の言うことなんか、信じちゃいけない!!」・・・と。
これには、まいった笑

そういうことが、言いたいのなら、
僕に直接言えばいいのだ。
そうしたら、天狗の鼻をぺしっと折ってさしあげるのに・・・笑

こういう、中途半端な人達が、折角の僕とPさんとの縁を
ぶち壊してしまう。
守護霊さんが、苦労して、やっと、Pさんを
導いてきたというのに・・・

しかし、これも、しかたのないことだ。
間違った医学、間違った科学を
信じ込んでいるのだ。
どうにもならない。

ちまたの宗教団体の人達と同じだ笑
信じ込んでいる人に、何を言っても無駄なのだ。

僕は、何も言わなかった。
終始、Pさんにだけ、コメントしつづけた。
これで、吉とでるか、凶と出るか・・・
まだ、結果はわからない。

みなさんも、一緒に、Pさんが、自分の力を信じることを
祈りましょう!!

ではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College