ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 03



★★★自殺を止めるには??止めたら迷惑??★★★


まず、人として、

自殺しようとしている人がいたら、止めるべきですが、

Gさんのように、人として、考えられる限りの説得工作をしても、

自殺してしまう事も、世の中、よくあります。

僕の前の日記にも書きましたが、

人は、この地球へ、目的を持って生まれてきます。

1つ目は、自分のカルマを解消すること。

2つ目は、自分の霊層を上げる事。

3つ目は、他人の霊層を上げる手助けをする事。

4つ目は、他人のカルマ解消を手助けする事。

この四つです。

この内、神様から見て、

1、2、は、義務です。

3、4、は、しなくても、何の罪にも問われません。

しかし、Gさんは、これが逆になっています。

慈悲心極まる人の、犯しやすい誤りです。

Gさんは、友人の自殺を考え過ぎて、

自分自身も不安と心配を抱えて、

自分磨きが、おろそかになってしまっています。

自殺を考える人、

自分を否定して、ネガティブワールドから抜け出そうとしない人、

まず、他人が助けることは、不可能に近いです。

稀に、他人の情熱が、その人の心を動かすことは、ありますが、

それは、元々、濃いつながりのある人の場合であって、

少し親しい友人くらいだと、

まず、自殺考え人さんが、なぜ自殺しようと思っているのか、

根本原因がわからないから、

止めようが無いのです。

もっと、人生を楽しもうよ、と明るく説得しても、

自殺願望者のネガティブワールドは、崩せません。

自殺願望者の多くは、この世の中に、生きている意味が無い、

と、思っています。

恋人を失った人は、

恋人と共に生きることが、人生の本義だと勘違いしています。

他には、

自分に夢も希望も持てず、自分の道が見つからず、

世の中を見ても、つまらない人間ばかり。と思い込んでいる人。

働くモチベーションも沸かない。

何をしていいのか、わからない。

世の中の仕事全てが、無意味だと思い込んでいる人。

世の中の人全員が、自分を嫌っていると思い込んでいる人。

こういう人は、自分の想像で創りだした虚構の世界に住んでいます。

世の中の人、全てが悪人なわきゃない。

世の中の人、全てが、その人を嫌っているわけがないのです。

しかし、本人は、そう思い込んでる。

要するに、恐れすぎているんですね。

逆に、この世の中を軽く見過ぎて、見下し過ぎて、何も希望を持てない

自殺願望者もいます。

ほーんと、ピンキリですよ。

 

Gさんが、自殺願望者と出会ったのは、きっと、

守護霊さんの導きでしょう。

それは、自殺願望者の守護霊さんが、頭を下げて、

Gさんの守護霊さんに、お願いをしたからなのです。

自殺願望者は、死ぬと、自殺願望者たちだけが住む、

ネガティブワールド地獄霊界へ落ちます。

すると、ますますネガティブに拍車がかかり、

ほとんどの人は、もうそこから抜け出せなくなります。

自分で選んだ霊界ですから、本人の責任です。

他の誰の責任でもない。

心の弱い人は、弱いことを理由に、他人へ迷惑をかけていても、

それを当たり前のように考えていますが、

それは、神様から見ると、物凄い罪になるのです。

だから、鬼のように怒る。

よく、弱い人を見て、ただ優しくすればいいと、

想っている人が多いですが、それは、

本当に自殺願望者のことを考えているわけではないのです。

弱い人には、喝を入れて、立ち直るきっかけを与えないといけません。

ただ、弱すぎる状態にある人には、一時的に愛と優しさが必要です。

その人は、普段なら、普通に生きていける人なのに、

ショックによって、一時的に落ちこむことがあります。

そういう人にとって、Gさんの優しさは、救いです。

他人に心配をかけている自分が恥ずかしくなり、

このままじゃいけないと、自ら立ち直ります。

しかし、己の弱さに甘えて、

他人から優しくされることに慣れてしまった人には、

優しさは、甘えを増長させるだけです。

そういう人に限って、「もう自殺したい・・・」

とか、言います。

優しい言葉をかけてくれないと、本当に手首を切ったりします。

それで、本当に、死んだりします。

しかし、そういう人に対して、神様は、

優しくするどころか、

鬼のように怒りまくります。

その人の深層意識をすぐに見破るのです!!

さすがは神様!!笑

第二の神人合一の境地を体得すると、

これが、すぐに判るようになります。

その人に直接会わなくても、

文章に現れます。

結構、わかりやすいですよ。

普通一般の人は、わからないでしょうけど。

そして、本人でさえも、自分の甘さに気づいていない場合が多い。

だから、そこに気づかせる必要があるのです。

それには、鬼!!っと言われようが、

その甘さを指摘し、

厳しい言葉でその人の心の闇を切り裂かないといけません。

例え、仮に、それが原因で、衝動的に自殺したとしても、

神様が怒るのは、自殺した当の本人です。

「お前という奴は、あれだけG殿が、

 立ち直るきっかけを与えてくれたというのに!!!」と。

しかし、今回ご相談のGさんは、少し、優しすぎです笑。

一度〜三度くらいで、その人が変わらなければ、

もう、放っておいて良いのです。

あとは、本人の自主性に任せるべきです。

自殺願望者の深層意識を見破れなければ、

どんな説得工作も、徒労に終わってしまいます。

それでも、出来うる限りの助言をしてくれた、Gさんに、

守護霊さん達も、神様も、

「よく、言ってくれたな!!有難い!!」

と、感謝しています。

だから、Gさんが、必要以上に、心配し、不安になっていると、

「そんなことに、いつまでも自分の心を痛めていないで、

 もっと、自分の霊層向上の為に、精進努力してくれい!!」

と、神様も、守護霊さんに、多大な心配をかけてしまいます。

一般の人は、多分に誤解していますが、

例えば、離れて暮らす我が子のことが心配で、

いつも不安に生きている親がいますが、

それも、同じで、本当に、我が子を案じているわけではなく、

自分が寂しくてしかたなくて、

子供のことばかり考えている人がいます。

それは、愛ではありません。自己中愛です。

本当に我が子を愛している親は、多少のことでは、心配しません。

それは、我が子を一人の大人の人間として、尊重しているからです。

でも、世の中の悪に、傷つき、倒れた時は、

全力でサポートするぞっ!!

と、心の中では想っていますが、口には出しません。

子供の心の成長を妨げることがわかっているからです。

このように、霊層の高い、悟り深い親は、

冷たく突き放しているように見せて、心の中は、

真の愛に溢れている物です。

だから、人を見せかけだけで、判断しては、いけません。

表に表現している言葉や態度が、

その人の本心とは、限らないのです。

現実は、その逆の場合が多いですよね??笑

世の中、大人になるにつれ、

素直に自分の心をそのまま他人へ表現する人は、少ないものです。

ここがわからないと、人間関係で、苦労します。

言われた言葉をそのまま鵜呑みにしては、いけません。

その言葉の裏にある、真意は何なのか、

そこを、勘で捉えるべきです。

何か悪意ある言葉を言われたら、ダイレクトに受け止めず、

「はあ・・・そんなものですか・・・」

と、はぐらかす。

はぐらかしておいて、普通に応対する。

全く気にしないそぶりを見せる。

逆に、自分に悪意ある人に、満面の笑顔で元気に挨拶をする。

「最近、元気ないね・・・大丈夫??

 ・・・この前、私の顔を、助けを求めるように見てたけど」

「えっ?・・・そんな顔してた??・・・」

(私、この人を睨んでたつもりだったのに・・・何で??・・・

私は、この人嫌いって想ってたけど、

実は、この人に、助けを求めていた??・・・)

すると、悪意を持っていた人は、自然とすり寄ってくるようになり、

心酔するようになります。

これが、大愛を持って、悪を善へ化す、極意です笑!!

 

 

では、今回は、このへんで。


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College