ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 03


マッカーサーさんのブログから抜粋
http://plaza.rakuten.co.jp/saiennzii/diary/201209010000/
いやあ・・・素晴らしい写真ですよね・・・


★★★ポンギーさんの質問〜夢のお告げの意味って・・・★★★


夢のお告げって、古くから色々ありますね。

後醍醐天皇が楠木の夢を見て、楠木正成さんを呼び出したエピソードは

とても有名です。

僕は、若い頃は、予知夢が多かった。

後から考えると、僕は若い頃、いつも自分の道を模索していました。

すると、夢で、なんでもない、日常のごくありふれた光景をみるんです。

起きた後も、ずっと覚えています。

でも、なんでもないことなので、そのうち忘れます。

その3年後、

何気なく日常生活を送っていて、ある場面になって、

「ああっ!!」と、思い出します。

3年前に観た夢と、全く同じ場面なのです。

不思議ですが、その時僕は、

「なるほど・・・あの時の僕の判断は、間違ってなかったと、

 神様は言いたいわけですね」

と、想いました。

そういうことが6回くらいありました。

このように、夢は、時として、

目に見えない世界からの通信手段の場合があります。

また、25歳で、第二の神人合一の境地を体得した、次の日から、

自分の守護神様と、

それまで自分が、医学や科学、宗教など、

疑問に思っていた事を、本当の所はどうなのか、確かめるお話を、

夢の中でするようになりました。

それからは、起きていても、

世の中にまだ確かめられていないことなど、

様々なことを、聖観音様から教えていただきました。

このブログで紹介している事は、それらのほんの一部です。

このように、高級神霊たちは、

夢の中で、色々な意思を伝えたりします。

しかし、気をつけなければならないのは、

交信してくる存在が、

高級霊だけではない!!

と、いうことです。

世の中の暗示的な夢のほとんどは、低級霊であることが多いのです。

高級霊たちは、現実界の人達に、余程のことが無い限り、

干渉しません。

基本的に、

夢を見た本人の霊層と、同じ霊層の霊たちだけが、

本人へ感応することができるのです。

無論、霊的に敏感な人であることは、大前提です。

ここで、大切なポイントは、

霊能力があるからといって、

その人の人格が素晴らしいとは、限らない、

ということです。

世の中の霊能力者のみなさんを見ていると、

逆のような気がします笑

低級霊の力による霊能力者の見分け方を教えます笑

1、心霊写真などの見世物的なテレビ番組に出ている。

2、日頃の言動が、偉そうである。

3、家の中が、整理整頓されていない。

4、自分を守っている存在が、〇〇の神だ、と、

  有名な神様の名前を出す。

  

  例えば、天照大御神、スサノオノミコト、白山菊理姫、大日如来、

  など。

  また、歴史上の有名人に守護されている、等を、

  殊更に喧伝している。

5、霊層と魂の向上とは関係ないことばかり言っている。

大体、こういう人達は、

魔界の狐や狸や天狗に翻弄されている霊能力者だ。

天国界の霊層の人は、だいたい、霊などは、見えないのが普通だ。

夢の中にも、神様が出てきたりはしないのが、普通笑。

もし、出てきたら、余程、精神状態が悪いときだろう。

ただし、世の中を少しでも良くしたいと、発願して生まれてきた人は、

別だ。

色々な霊現象や自然現象を通じて、

森羅万象の法則をマスターさせようとする。

この人達は、小さい頃からこの世の地獄のような環境に生まれ、

様々な苦しみを経験させられる。

いや、自分から、わざわざ大変な事に、首をつっこんで、

苦労を買って出ているのだ。

後々、世の中を救う存在になる為の修行だと、

心の底では、わかっているのだ。

そういう人は、霊現象や変わった自然現象が起きても、

そんなに慌てない。

全ての事象から、守護霊、守護神からの何かのメッセージだろうと、

受けとめようとする。

そして、そこから悟ったことを、自分の生きている現実界へ

活かそうとする。

ポンギーさんも、そういう人の一人だ。

霊界から生まれ変わってくる時に、

地球を少しでも良くしたいと、発願して、生まれてきた人だ。

だから、自然と、僕のブログに導かれる。

だから、僕のブログに集まっている人達は、みんな、

発願して生まれてきた人達なのだ。

そして、その人達全員が、

救世主なのだ。

壮大な神仕組の最後の締めくくりを担う人として、

天国霊界から発願して生まれてきた人達なのである。

僕が、この大学を創った2つ目の理由がここにある。

だからといって、僕は、特に、

宗教団体を創るつもりはない笑

過去の偉大な宗教家たち、

イエスや釈迦も、団体を創る事には、反対した。

なぜなら、必ず、本物が伝わらないからだ。

文字や書籍にしてしまうと、

必ず、後世の人々が、誤解して、分派対立することが、

わかっていたからだ。

しかし、その深意を理解できない弟子たちは、

聖書や仏典を創ってしまった。

しかし、これは、神の導きによるものだ。

70%の正しさでもいい。

世の中が少しでもよくなるように、

聖書や仏典が世界中へ広まるように、仕組んだのだ。

本来、真の教えは、マンツーマンでしか、伝わらない。

第二の神人合一の境地を体得した人間が、生きている内に、

出会った人だけに、伝える事ができるものなのだ。

その後、イエスや釈迦の高弟子たちは、生まれ変わって、

後々の世の中で、聖人、と呼ばれる人となった。

イエスの弟子の生まれ変わりが、

教皇グレゴリウス1世、7世、聖フランチェスコ、ジャンヌダルク、

など。

釈迦の弟子たちの生まれ変わりが、達磨、白穏、最澄、空海、などの、

禅の高僧たちである。

彼らは、キリストや釈迦が、存命だった時、教えを直接受け、

悟りの境地へ至った者達ばかりなのだ。

だからこそ、本物を伝える事ができたのだ。

僕は、その人達を見習って、宗教団体を創らず、

マンツーマンで、教えを広めていきたいと、想っている。

でも、サークル活動は、いいと思っている。

マンツーマンで、質問を受け付けたり、

一緒に、世界平和を祈ったり、したいからだ。

人類の積み上げた宿劫を、正しい祈りの力で、

先天の内に、無へ化すためである。

それには、心の極まった人達の、

祈りの念を結集させなくてはならない。

その為に、

「神人合一の会」を発足させました〜!!

現在、会員は、僕合わせて4人です。

希望者は、コメントにて、お知らせください。

なんか、だいぶ、話が逸れてしまった笑

夢のお告げがもし、あったとしても、

すぐには盲信せず、社会規範や法律に照らし合わせ、

常識的に間違っていないか、冷静に分析する必要がある。

そして、なんだか、ピンとこない、わけのわからないお告げならば、

気にせずに、忘れることだ。

それで、何の問題もない。

 

ではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College