ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 03



★★★★★★Rさんの質問 〜自分が死ぬことは怖くないのですが、

        子供たちが傷つくのが怖くて仕方がありません。

        前世で理不尽に子供を亡くしたような記憶があります。

        最近、ある方から

        人には生まれてくる前に決めた寿命があり、

        若くして亡くなることを選ぶ人間もいると覚えておくように、

        と言われました。

        人の魂は死なない、

        とわかっていても母として割り切ることができません。

        もし、現実となれば宿業であり学びであるとは思いながら、

        それを思うといたたまれません。

        七夕の短冊に

       「みんなの願いが叶いますように」

        と書くような子どもなので、

        もっと俗っぽくなっておくれ、

        と余計に心配です。

        これは、覚悟を決めろ、

        ということなのでしょうか?


 

◆◆◆親子の情というものは、とても深いですね。

   しかし、人の一生は、本当に短いものです。

   地球人類が誕生して、2億4千万年、

   長い輪廻転生の繰り返しの歴史です。



   その中で、60年〜100年の人の一生とは、

   本当に、短いですよね。

  

   だから、例えば、親であるKさんが早く死に、

   幼い子供を残してしまったとしても、

   60年も経てば、また、霊界で会えますから、

   会った時に、子供たちに恥ずかしくない生き方を貫くことが出来たのか、

   僕は、そちらのほうが、大切だと思います。



   人間、いつかは肉体を離れ、

   家族とは、離れ離れになります。

   これは、避けられない宿命です。

   だから、長く生きて、家族とだらだらと過ごすよりも、



   短い家族とのつながりだと、解っていたほうが、

   密度の濃い、絆深き家族愛を貫けるのではないでしょうか??



   そして、覚悟を決める。

   いつ、この世と別れても、悔いのないように、

   今生の使命を精一杯果たす。

   その中で、自分の霊層を磨き、高め、


   子供たちと霊界で再会した時、

  「あの時、お母さん、すごく頑張ってたよね!!

   だから、私達、お母さんの生き様を人生の生きる指針にして、

   強く生き抜くことができたわ。

   本当に、ありがとう。お母さん」



   と、言われるような、生き方を貫いて、潔く死んでゆくほうが、

   僕は、素晴らしいと、思うのです。



   それに、自分よりも、子供たちのほうが、

   霊層が高くなってしまったら、

   自分が死んで、霊界で子供たちを待っていたとしても、

   子供たちが、死んで、こちらに来ると思っていたら、



   全然上の霊界へ行ってしまって、

   なかなか、会いたくても、会えない!!

   なんてことも、起こりえるのです。



   だから、Kさんのすべきことは、

   死後、なるべく上の方の霊界に行けるように、

   今、生きている内に、自分を磨き高めておくことです。



   そうすれば、仮に、子供たちが、逆に、

   人生の選択を誤り、自分よりも、霊層の低い世界へ

   旅立ってしまったとしても、

   子供たちより高い霊層の霊界にいさえすれば、

   子供たちを、低い霊界から、助け出すことも、できるのです!!



   今、死が早い、遅い、を心配するよりも、

   将来の霊界での生活を考えて、

   今の内に、なるべく高い霊界へ帰れるように、

   どうやったら、出来るのか、を、考えるべきだと、思います。



   今の日本の福祉制度は、とても発達しています。

   どんな人間でも、野たれ死ぬことはありません。

   生活保護制度もあるし、

   孤児院だって、あります、


   僕は、天涯孤独の身であり、他人の病気を治し過ぎて、

   自分が原因不明の心臓病に倒れ、

   今は、生活保護で、生活していますが、

   最低限、生きてゆくには、充分です。


   普通に考えたら、僕の境遇は、

   発狂しても、おかしくない状況です。

   でも、僕の心は、全くぶれません。

   月給70万の生活から、月給7万の生活になっても、


   小さい頃から、神様に鍛えられていますから、

   全く悲壮感がありません。


   逆に、今まで、仕事が忙しくて出来なかった、

   神人合一の方法を伝えたい、という、長年の夢を、

   今、ブログで伝える事ができています。


   病気になり、生活保護生活とならなければ、

   僕は、多分、こういうことは、していなかったと、思います。

   これも、導きなのかなと、思っています。

   僕の状況と比べたら、質問するみなさんのほうが、

   よっぽど、この世的には、幸せなはずです。



   でも、実際は、僕は、とても幸せです。

   極貧でも、幸せ。

   お金持ちでも、幸せ。

   健康でも、幸せ。

   病気で苦しくても、幸せ。


   神人合一し、森羅万象の法則をマスターすれば、

   どんなに過酷な環境にいても、

   なんとも思わない。ぶれない。

   逆に、無一文で、最も寒い冬の中、公園のベンチで震えていた時も、

   僕の心の中は、シーンと静まり返っていました。

   自分でも、おかしいな、と、思いながら笑



   給料、70万貰っていた時よりも、遥かに清々しくて、

   何にもないって、なんて清々しいんだろうって、

   思っていました。

   公園のベンチにいる時は、僕はまだ、

   生活保護制度があることを、知らなかったんです。

   だから、もう僕は、このまま、死ぬんだろうと、覚悟していました。



   その時に、見知らぬおじさんから、声をかけられたんです。

   そして、生活保護のことを初めて知りました。



   今から2年前のことです。



   それと、比べたら、Kさん、幸せじゃないですか笑

   愛する我が子がいる。仕事もある。

   借金も・・・ある???笑


   僕は、借金は無いから、そこは、いいかなあ笑


   元々、物欲が無いし、昔から、

  「人間、お金が無くても、生きていけるんじゃないかなあ・・・??」

   と、思っていたので、

   今回の極貧生活の中で、僕は、野草には、とても詳しくなりましたよ笑



   日本中、どこにでも生えている、「ギシギシ」という、雑草。

   これ、おひたしにしたり、野菜炒めにすると、

   おいしいんですよ笑


   野菜は、スーパーで買わなくても、道に生えてます。

   あと、赤松の葉っぱも、生で食べられますから笑

   赤松の葉は、精力剤として、

 

   古くから、仙人の食べ物として、有名です。

   生で食べると、独特の青臭さと、酸味苦みがあります。


   日本は、特に、果物なんて、

   ちょっと山へ入れば、なんぼでもなってますし、


   海や川へ潜れば、魚たくさんいますから笑


   強制的に、粗食になるので、糖尿病も治りますよ笑


   何事も、前向きにとらえれば、

   生活保護極貧生活も、1か月10000円生活みたいで、

   楽しくなるものです。


   というわけで、今回の質問の答えには、

   なったでしょうか??


   一応、今回で、溜まっていた質問は、終わりました。


   他に何も質問が無ければ、僕が何か、考えて、日記を書きます。

   質問は、随時、メール、コメント爛で受け付けますので、

   遠慮なくどうぞ。


   質問の時には、なぜ、その質問をするのか、

   背景を教えてくださいね。

   たまーに、一言だけ、

   「〇〇は、知りませんか」とか、「〇〇って、わかりますか」

   とか、突然、わけのわからない質問があって、困ります。

   僕が、なんでもかんでも、お見通しなのか??

   と、警戒しているのだと思いますが、

   僕は、普段は普通の男ですから。



   普段は、ブログ見ても、なーんにも、わかりません笑

   何か、自分や他人の霊層アップの為に、

   大切な目的がなければ、

   神様も、なんにも答えてくれませんから。

   僕自身も、余程のことが無い限り、神様へ質問しませんから。



   ではまた!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College