ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 04


★★★固定観念をとっぱらおうシリーズ001〜霊層アップに、なるぜい〜!!笑                         (すぎちゃん風)★★★


◆◆◆心の悟りを得たり、神人合一の境地へ到達するには、

   色々な方法やアプローチの仕方があります。



   ある人は、様々な古典名著を研鑽し、

  

   小さい悟りの繰り返しの中、心の悟りを得る。

   ある人は、一心不乱に料理に没頭しながら、

   

   宇宙の真理に気づき、心の悟りを得る。

   ある人は、会社を設立し、人間関係にもまれながら、

  

   晩年、ふと、心の悟りを得る。

   ある人は、瞑想やイメージトレーニングの中で、

   己を深く見つめ、心の悟りを得る。

   ある人は、神様、仏様への祈りに没頭し、

 

   祈りの極意をつかんで、心の悟りを得る。



   本当に、人によって、悟りへ到る道のりは、様々ですねえ〜!!



   しかし、どの道においても、ある共通点があるんです。

   それは、自分自身の思い込み、固定観念を、

   少しずつ、少しずつ、とっぱらってゆく、てことです。



   これは、どんなに頭のいい人でも、

   どんなに性格のいい人でも、

   どんなに、仏教、キリスト教などの宗教教理を学んでいても、



   全く、関係無く、固定観念は、あります。

   逆に、人が創り出した『仮説』を、

  

   絶対的に正しいと信じ込むことで、

   学んだがゆえに、固定観念を新しく作り上げ、

   自らの首を自ら締めている人もいます。



   つまり、

   学んだ事と、自分の中にある固定観念をとる事、とは、

   同じ事とは、限らないのです。

   

   だからといって、

  

   あらゆる知識や方法論が無駄なのではありません。

   知識や知恵や技術は、沢山、知れば知るほど、

   人間に深みが出てきます。



   ただ、心の悟りを得る、とか、自分の霊層を上げる、

   とかいう世界とは、また、別の話だという事です。



   基本的に、

  『これは、ダメ』『あれは、やっちゃダメ』など、

   人間の能力を限定するような、考えや固定観念は、

   全ての人間に当てはまるものではないのです。



   例えば、

  「人間は、最低、6時間は眠ったほうが良い」

  「人間の100m走の限界タイムは、〇〇秒だ」

  「たばこは、肺ガンになる可能性が高い」

  「〇〇は、とても体にいい食べ物で、〇〇は、あまり体に良くない」

   などなど。



   ホンマでっかTVに、よく出てくるような、

   ふええ〜っ?!と、驚く様な、新発見の数々。

   エラーイ学者さんが、ああ言った、こう言ってると、

  「恋のから騒ぎ」みたいに、騒いでいますが笑、



   あれらは、全て、『統計学』的に、纏められているだけで、

   全ての人間に、当てはまっていません。



   なぜなら、科学的手法や、物理的手法での研究とは、

   人間の霊層の高い、低い、が、考慮されていないからです。



   例えば、

  「人間は、最低、〇〇時間は眠ったほうが良い」という学説。

   この学説は、沢山の被験者を集めて、色々なデータを採集し、

   統計的に、『〇〇時間、寝た方がいいみたいだな』と、

   学者さん達は、判断するわけです。



   しかし、中には、例外もいて、

   その人達は、全て、

  『特異体質』という、一言で、かたづけられてしまいます。



   つまり、学者さんたちは、

   自分達が理解出来ないことは、放っておいて、レアな人達は、

   何か、あるんやろなあ、くらいにしか、考えず笑、



  『特異体質』ってことで、ええんちゃう??

   もう、いちいち考えるのも、めんどくさいわあ・・・・



   ということなんですね笑。

   要するに、いい加減なんです笑!!

   

   僕は、41歳の今でも、

   1日1時間の睡眠でも、元気だし、頭もよく回転します。

   一日一食でも健康。

   一日6食でも、健康。

   毎日ワイン6本飲んでも、健康。

   3カ月、酒を1滴も飲まなくても、健康。



   これは、第二の神人合一の境地を体得してから、

   あらゆることで、自由自在になりました。

   それは、本当の真理、

  『玄学』を、マスターしているからです。



   また、ここのブログの日記に書かれている事は、

   ほとんどが、歴史上、明かされていない新事実であって、

   僕のオリジナルです。



   特に、

  『氣のメカニズム』

  『睡眠のメカニズム』

  『神人合一のメカニズム』

   などは、自分でも、すんごい発見やなあ・・・と、笑

   自画自賛しております。

   

   四つの螺旋回転エネルギーで、考えていくと、

   イメージで、わかりやすく、色んな事が、氷解していきます。



   詳しくは、過去の初期の頃の日記を参照してください。



   つまり、霊層が、上がるたびに、

   人は、特異体質になってゆく、ということです。

   逆に、霊層が低くなる度に、

   人は、病気がちになってゆきます。精神も、肉体でも、です。



   霊層の低い人でも、

   一見すると、とても、いい人に見えることもありますが、

   それは、煮込み料理で例えるなら、

   まだ、弱火で40度くらいで、コトコトにこんでいる、

   霊体のエネルギーが、低い状態だから、



   全然、『灰汁』が浮いてこない、というだけの話です。

   だから、一見すると、とても常識的で、いい人に見えるのです。



   統合失調症の人が、そうです。

   霊層が低いので、霊体エネルギーも低く、

   性格の悪い部分が、浮き出てこない状態に、あります。



   だから、たまに、氣のエネルギーが充実してくると、

   心の奥に、溜まっていた、悪の精神エネルギーが、

  『灰汁』のように、表面化してくるのです。

   その時、患者の周りには、低級霊たちが、うじゃうじゃいて、

   騒ぎ、からかい、言葉を耳打ちしたり、

   体を乗っ取ろうとしたり、します。



   それが、はたから見ていると、

   統合失調症に見えるのです。

   

   だから、病院で、頭の働きや精力気力のエネルギーを奪い取る、

   各種様々な、薬を飲んで、

 

   煮込み料理の火加減を、弱く弱くするのです。

   すると、灰汁が出てこなくなりますから、

   症状が、緩和されているように見え、

 

   おとなしくなったように見えます。



   しかし、根本治療になっているわけではありませんし、

   エネルギーを奪う、頭の能力を奪う、という、

   マイナスの方向へ、向かわせるわけだから、

   薬に頼っていると、いつしか、廃人になるわけです。



   こうなると、死後、その人は、

   何の感情もない、何の意思もない、

   植物人間のような状態で、

   何千年、何万年、と、永遠に、彷徨い続けることになります。



   助けたくても、もう、本人にエネルギーが残っていませんから、

   どうすることもできません。



   だから、根本的な解決策としては、

   僕達のような、救霊師を、もっともっと増やすことが、必要です。



   そして、薬にどっぷり漬かる前に、

   氣エネルギーを補填しながら、

   悪霊が近づかない様に、結界を張ったり、

   悪霊をいったん、体の中から、全て、追い出したり、

   していけば、少しずつ、回復していき、

   薬を使わなくても、大丈夫になります。



   これは、男性には、荷が重い。

   勘のいい、ある程度、心の悟りを得ている女性の力が必要です。

   心の悟りと言っても、そんなに大層なものではありません。

   あまり、物事に執着心がなく、明るく元気な女性ならば、

   だれでも、言霊救霊の法は、できるようになります。



   頭の固い、心の重苦しい人は、ちと無理ですね笑

   そういう人は、逆に、まず、救霊を受けることを、

   お勧めします笑。



では、今回は、このへんで、終わります。

まだ、質問が無いので、次回からも、

『固定観念をとっぱらおう!!シリーズ』

を、続けます〜!!


お楽しみに〜!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College