ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 04


★★★固定観念をとっぱらおうシリーズ06・・・高値のもの程、価値がある??★★★



◆◆たぶん、世の人々は、高い値段のもの=価値が高い

と、想っているだろう。



しかし、真実は、全くの逆だ。



例えば、食材。

世界三大珍味と言われる、

キャビア、トリュフ、フォアグラ。

とても高い!!笑



では、試しに、毎日、食べたいだけ、食べてみてほしい。

いや、借金してまでやる必要は無い笑。

お金に余裕のある人だけでいい。



3日と続かない。

すぐに、飽きてしまう。

それでも、高い食材なのだから、

体にとても良いはずだ、と、



無理して食べ続けると、間違いなく、糖尿病になる。

痛風になる。



なぜなら、これらの高級食材とは、

希少価値があるから、値段が高く、

それゆえ、人は、美味しいと、勘違いするのだが、



お金があるからと、毎日食べていたら、

必ず、病気になる。



なぜかというと、

希少価値のある食材は、

神様が、

たまーに食べると、体に良い、くらいの、

変わった食べ物だから、



人々が、毎日食べない様に、

敢えて、少ししかとれないように、
 
個体数を少なくしているのだ。



だから、たまーに食べるから、

とても、美味しく感じるのだが、

高級食材は、毎日食べてはいけない、低級食材なのだ。



だから、毎日食べない様に、

わざわざ、神様は、個体数を少なくしているというのに、



勘の悪い、成金たちが、

やれ高級だ、グルメだと、

嬉しそうに食べるものだから、

一般の人達が、

羨望の眼差しで見る様になってしまったのだ。



まことに、罪つくりな人達だ笑!!



実は、神様から見て、真の高級食材とは、

沢山とれて、ゆえに、安く手に入って、毎日食べることが出来る、

安い食材こそが、

最高級の食材なのだ!!



僕も、聖観音様から聞くまでは、

高級食材こそが、体にいい食材だとばかり、想っていた。

つまり、固定観念に縛られていたのだ。



しかし、このことを知ってから、

僕の料理に対する価値観が変わった。

そして、高級だという、

包装ラップに騙されない様になった笑!!



安くて、毎日だって食べられる、

サバの塩焼き、あじのフライ、鶏肉、いわし、食パン、米、

キャベツ、白菜、キュウリ、トマト、玉ねぎ、

しょうが、ニンニク、味噌汁、とうふ、納豆、わかめ、

大根、ピーマン、ニンジン、かいわれ、もやし、みかん、

などなど。



高級食材なんかとは、比べ物にならないくらい、美味しい!!

毎日食べても、飽きない!



また、食材だけでなく、宝石もそうだ。



最も高価な部類に入る、天然ダイヤモンド。サファイヤ、ルビー、など。

希少価値があるから、高いが、

神霊的価値で見ると、あまり、波動レベルは高くない。



それよりも、天然石である、

水晶、虎目、ラビスラズリ、アクアマリン、翡翠、などの、

比較的安価な石のほうが、

神霊的レベルは、遥かに高い!!



また、印鑑の素材もそうだ。

象牙よりも、柘植のほうが、神霊的波動は、圧倒的に高い。



値段と、神霊的価値は、反比例するのだ!!



また、誰もが知っている、

松、竹、梅、もそうだ。



みなさん、「松」が最も価値が高く、

次いで、「竹」、

最後に梅、

と考えていらっしゃる。
  


しかし、神霊的に見ると、これが全くの逆だ。



梅は、言霊解すると、「産め」「生め」であり、

新しき価値あるものを創造する時の、神域の言霊であり、

梅の花は、神そのものの花なのだ。

超一流の世界を現している。



竹は、言霊解すると、「高け」であり、「長け」であって、

長年培った、本物の実力を現している。

新しきものを創造するまでは、いかないが、

一流の世界を現している。



最後に、松。

言霊解すると、「待つ」「末」。

そう。

待っているだけで、自発的に何もしない、でくのぼう笑。

末端で、言われた事だけしか出来ない、

2流、3流、4流、の世界を現している。



人の人生で考えても、分かりやすい。



若い頃、才能に溢れ、高き場所を目指している時。

人は、「竹」の境地にある。



更に、極貧の中、極限の努力をして、神域へ没入し、

超一流の作品を次々と生み出す。

この時、人は、「梅」の境地にあるが、

未だ、貧乏暮らしは、そのままだ。



しかし、忘れた頃に、ある人物から、

その作品の素晴らしさを認められ、

巨額の富が授かるようになる。



いい家に住み、いい車に乗り、

いい異性とお付き合いできるようになる。

こうなると、だんだんと、創作意欲が失われてゆく。

駄作でも、有名な人が作った物なら、

世間では、飛ぶように売れる。



そして、一財産出来あがった頃には、

すっかり霊的境地も下がり、

ただ、何もしなくても、

お金が入ってくるのを待っているだけになる。

そう。

  「松」の境地になってしまう、というわけだ。



こうなると、人は、偉そうにふるまったり、

傲慢になったりするが、

それは、神霊的境地が下がってしまい、

ろくな作品しか作れなくなってしまった事を、

なんとか誤魔化そうとして、ついそういう態度になってしまうのだ。



これは、世の中をつぶさに観察していれば、わかる。



だから、たとえ、巨額の財を得ようとも、

所詮、浮世の夢幻と、考え、

謙虚に、ただ、後世に残る作品作りに、没頭したいものだ。

そして、そうすることが、本人の真の幸せでもあるのだから。



ただし、これは、種別、個別に見た場合の話だ。



同じ食材、同じ素材、の中でも、

値段が高い、低い、があるが、

この場合は、高いものほど、価値がある場合が多い。

無論、そうとは限らないものも、多いが笑



例えば、日本酒などは、

安くても、最高級のものもあるので、

自分を信じて、宝物を掘り当てるのも、楽しいものだ。



では、次回をお楽しみに〜!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College