ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 04


★★★会員さんからの質問〜霊界について詳しく知りたいです!!PART2★★★

さて、地獄霊界のようで、実は天国霊界の、

霊層の人とは、どんな人のことか??



それは、

  『小悪に徹し、大善を成す人』

のことである。



例えば、織田信長。

戦国の世を天下統一の目的を持って、

あと一歩というところで、あの世へ旅立ったが、

天下統一の為とはいえ、やることは滅茶苦茶だった。

その最たるものが、

比叡山延暦寺の焼き打ち皆殺しだろう。



しかし、実は、これは、信長のほうが正しいのだ。

当時、延暦寺の坊主たちは、

堕落しきっていた。

現在の政治家や官僚たちよりも、

権力、女、金、にまみれていたのだ。



だから、神様は激怒した。

延暦寺の天台宗の開祖、

最澄は、霊界からみて、

延暦寺の坊主たちの腐敗ぶりを嘆き、

神様と相談した結果、

信長に神がかり、

比叡山延暦寺を焼き討ち、滅ぼさせたのだ。



しかし、当時の一般市民にとっては、

信長の行為は、悪魔の所業と見えたことだろう。



しかし、己の保身ばかりを考え、

体裁ばかり取り繕う偽善者よりかは、

何百倍もすばらしい。



ここが、神と人との善悪の基準の違いなのだ。

しかし、現代は、戦国時代ではないので、

どんなに汚い許されざる悪徳官僚も、

悪徳医者も、悪徳政治家も、

殺してはいけない笑。



殺しても、神様は、罪には問わないかもしれないが、

逆に、殺す価値もない人間を、

殺して、何十年も、刑務所に入り、

人生を無駄にしないでほしい、と、

神様は、願っている。

人が手を下すまでもない。



そういう卑劣な者達には、

殺されるよりも100倍つらく苦しく痛い、

地獄の鬼たちの拷問が待っている。



鬼たちは、人間のように、容赦はしない。

おっそろしいことを、平気でやる。

だから、悪徳人間に苦しめられた人達へ言いたい。

あなたたちが、手を下す必要はない。


なので、織田信長は、死後、

最も軽い地獄界で、自分の至らぬところを反省したのち、

最高霊界へ入ることを許されている。



人の魂は、法律では、罰することはできないのだ。

真の法は、神が決める。

それは、

今の世の中の価値基準が、

穢れ、澱み、腐れ、歪になっているから、

小悪に徹する必要があるのだ。



世の中を大きく善なる方向へ変えるためには、

世の中の人々の思い込みを、吹っ飛ばす必要がある。

その為に、高潔な魂の持主たちは、

自分が悪者になってもいいから、

改革を断行するのである。



今のマスコミも、まだまだ拝金主義で、

雑誌を売るためなら、悪魔に魂を売って、

当たり前の顔をしている。

とんでもない大罪だ。

あの人たちは、死後、どんな目に会うか、

知らないから、ああいうことができるのだろうと思う。



このように、世の中の善悪の基準とは、

全くあてにならないものなのだ。

だから、地獄のように見えて実は、

天国であることが、

起こり得るのである。



それでは、次回の日記をお楽しみに〜!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College