ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 04


★★★学校教育について★★★

現在の学校教育の問題点。

その、最大の問題点は、

精神教育がほぼ無いに等しい、

ということです。



なぜ無いのか??



それは、教える事ができる人間が、

少ないからです。

一昔前の日本には、これが少しありました。



人生訓を教える、儒学が、

私塾という形で。



しかし、それでも、正しく教えられる人は、

ごくわずか、限られた人だけでした。



しかし、現代は、

教える事が出来る人が、増えています。

しかし、学校教師にはなかなかいない。

そういうカリキュラムが無い。

教えられる人が先生になれる制度もない。

学問的な心理学とか、

上っ面で、役に立たない教育論ばかり。



極端な教師も多い。

体育会系のスパルタ先生。

点取り戦争に勝つ為の受験テクニック先生。

もう、見てると、

子供たちは、辟易している。



子供たちが本当に教えてほしい事を、

先生たちも言えないから、

だんだんフラストレーションが溜まる。



最も重大の罪は、

  『学力の高さ』=『頭の良い人間』=『価値の高い人間』

という、親と教師と教育委員会の、

  『思い込み』だ。つまり、

固定観念である。



しかし、一般社会を見て、

それが間違っている事は、

明らかな事実だ。



それが、未だにまかり通っている世界は、

官僚くらいなものだろう。

しかし、ここにこそ、

現代社会の最大の問題点がある。



学力ばかり高くて、

心が醸成されるような精神教育を受けていないから、

本当に、人を活かす政策を、

思いつけないのだ。



自分達は、頭の良いエリートで、

他は価値の無い馬鹿ばかりだと、

国民を軽蔑している官僚たちは、

馬鹿な国民の為に政策を考えるのはまっぴらごめん、

自分達の懐へお金が入る仕組み、

それも、国民に、わからないように、

自然に、お金が入る仕組みを作った。



ここに、巨大な悪の根源がある。

そして、この巨大な悪の根源を創り出しているのが、

東大出た官僚たちであり、



幼稚な精神しか持たぬ東大生を創り出したのが、

現在の学校教育であり、



現在の学校教育を創り出しているのは、

  『学力の高さ』=『頭の良い人間』=『価値の高い人間』

と、思いこんでいる、親と教育委員会と教師だ。

つまり、

  『親』『教育委員会』『教師』が、

元凶となる。

いわば、一般市民だ。

悪いのは、官僚でも政治家でもない。

子供たちをダメにしているのは、

ほかでもない、

親である、あなただ。



そうでない親は、

そもそも子供たちをダメにしたりしない。



最近の子供たちは、そういう大人達よりも、

よっぽど、バランス感覚が豊かだ。

だから、思い込みの強い親の言う事が、

  『おかしい!!』と、感じながらも、

  『そうしないと、社会で生きていけないのかな???』



と、心配になり、

受験戦争で心を擦り減らすことになる。



そして、高校生になる頃には、

若いおじいちゃん。

ひねくれた官僚になるわけだ。



しかし、世の中、そんな風にはできていない。

学校よりも、社会のほうが、よっぽど楽に生きられる。

この世の中は、うまくできていて、

どんなに学校の勉強が出来ない人でも、

努力しさえすれば、

働く場所は、あるのだ。



お金が無い人だって、

独学しようと想えば、

図書館がある。



色んな家庭の事情などもあるが、

今の世の中は、

真面目に頑張る人は、

ちゃんと、成果を出せる様になっている。



しかし、学校の先生は、

こういうことを知らないのだ。

だから、

学力の無い人間は、

切り捨てるしかないと思っている。



つまり、人生経験が、

教師をやるには、

圧倒的に足りないのだ!!

教育委員会もそう。

文部省役人もそう。



思い込み、固定観念の塊だ。

しかし、気づいていて、

悪用する、悪魔のごとき官僚もいる。

これが、ゴキブリ人間の代表だ。



ちょろちょろと、人の見えないところを

暗躍し、食べ物を、判らない様に、かすめ取る笑。

正に、ゴキブリ人間だ。

そんな、ゴキブリ人間を、

今の世の中の、一般人は、



  『エリート』と、呼ぶ笑。

しかし、もう、そんな時代も、

終わりを迎えようとしている。



もう、かなりの知識人だちも、

こころある政治家も、官僚も、

嫌気がさしている。



その理由が、

ここ20年くらいの、

不祥事発覚だ。

もう、本物の道を生きる人々からは、

政治家も官僚も、馬鹿にされきっている。



エリートと思ってくれるのは、

地方の公務員くらいなものだ笑。




しかし、未だに、

閉鎖的な学校社会は、

地方公務員と同じ見識しかない。

無論、例外もある。



そういえば、学校の先生も、

地方公務員だった笑。

僕は、生活保護をうけてみて、

初めて公務員、役人という人間達の本性を知った。



あまりにも、常識がなさすぎる。

そして、長年頭を使っていないせいか、

ぼけ老人と話をしているようだった。

唖然とした。わざとだろうか・・・

確かめてみた。

本気だった笑。

笑うしかなかった・・・笑。



そうか・・・

地方公務員として、

自分の頭で物事を考えることを

やめてしまった人々が、

どうなってしまうのか・・・

まざまざと、見せつけられたのだ。



まだ、ロボットのほうが、

仕事ができるのではないか??

とさえ、思った。

失敗さえ、同じ事を繰り返すのだ。

一種の精神病ではなかろうか???



そう考えると、ぴたっとくる。

そう。

彼らは、重度の精神病患者と同じなのだ。

臆病センサーだけ、突出して高く、

言い訳思考能力が、ずば抜けて高いのだが、

所詮、浅知恵。

痴ほう症の人には通用するかもしれないが、

僕に通用するはずがない。



僕は、福祉課の一番偉い人を呼び、

こてんぱんにやっつけて、ぐうの音も出なくさせた。

こういう時の、僕は、鬼となる。

まさにこの時、僕には、

不動明王が神がかっていた。



たぶん、こういう時の為に、

言いくるめる話術を訓練しているのだろうが、

僕には全く通用しない。

間髪いれずに、矛盾点を正確に突きつけ、

最後には、

その一番偉い人は、黙り込んでしまった。

そして、とうとう、謝罪しなかった。

最後は、もう泣きそうになっていた。

それでもいつまでも謝罪しないので、

僕も、あきらめて、帰った。



まるで、怒られた小学生みたいだった笑



それ以来、めったに僕のところに来なくなった笑



だふん、学校の先生も、同じようなものなのだろうか??

ニュースを見ていると、

いじめは無かった、と、

わかりやすい嘘をついている笑。

なんだか、見ていて、憐れだ。



だからこそ、

一日も早く、玄学を世の中へ広めなくてはならない。

本来は、学校教育へ取り入れなくてはならないが、

それは、僕が生きている内に、できるかどうか。

僕は、種まきの役割なんだろうと思う。

それが早く広まるかどうかは、

神のみぞ知るというところか笑



今回は、このへんで。

次回をお楽しみに〜!!


 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College