ヘッダー

 

トップに戻る ひとつ前に戻る


楽天ブログ SEASON 05


★★★★★◎Sさんの質問★★★

  『自分を低く見られるのが許せない。

   これは低次元なプライドです。

  「自己の限界に挑戦するぞ!」

  「いろんな道を極めていくぞ!」

  「もっと世に役立つ人になるぞ!」

   これは高次元なプライドです。

   高次元な日と低次元な日の落差が激しいのです。

   これはもう、

   極限の没頭を続けるしかないと思いました。

   低次元なプライドはどうすればとれるか?

   答えは、極限まで何かに没頭すること、

   だと想いました』

***********************************************************************
  ◎玄の回答


   身近な友人をライバルと考え、

   切磋琢磨することは、

   悪いことではないですが、



   そこに、歪んだプライドが入ると、

   途端に、霊層が下がりますね。



   Sさんは、それが自分で、

   わかっていて、なんとか変えようとしているから、

   素晴らしいですね。



   世の中には、そういう自分を

   恥じない人間が多すぎます笑



   低次元なプライドを捨てる為には、

   まず第一に、

   それが、醜いものであると、自覚すること、

   が、大切です。



   そして、第二に、

   Sさんの言うように、

   没頭することが、大切です。

   人間、誰しも、

   暇で、エネルギーが余っているから、

   余計な事を考える。



   毎日、余計な事を考える暇が無いくらい、

   目前の目標へ、没頭することで、

   マイナス想念は、出なくなります。



   しかし、これだけでは、不十分です。



   第三に、必要な事は、

  『人をライバルとして、見ない事』

   これが、最も大切です。



   人をライバルに見ている内は、

   人の域を超えることはできません。



   神をライバルと見るのです!!

   人は、元々、神だった。

   現実界を司る、神だったのです。

   その頃の人は、

   現代の人間のオーラの、

   100倍のオーラでした。



   だから、超能力も普通に使えていましたし、

   才能も、まさに万能!!

   悪想念も何もないから、

   もう、向上心のかたまりなんです。



   人は、悪想念や悪観念が無ければ、

   とてつもないパワーが出せるのです。

   一体、どれだけの悪念が、

   僕たちの魂に、

   積っているんでしょうね笑



   100分の1の、微々たるエネルギーになるくらいにまで、

   人類は、乱れに乱れ、

   宿業を積み重ねてきたわけです。



   だから、そういう、

  『人』を相手に修行していたのでは、

   神人の境地へたどり着けません。



   低次元のプライドは、

   レベルの低い人間を相手にするから、

   湧きあがってくる。

   人を馬鹿にするような、

   レベルの低い人間は、

   相手にせぬことです。



   ぷぷっ・・・と、笑ってやりなされ笑

   そして、自分は、どこまでも、

   ある道を、極めてゆくのです。



   まずは、なるべく自分に合った、

   前世で磨いた才能を伸ばし、

   現世での、きちっとした社会基盤を作る。



   この世は、お金が無いと、とても不便ですから、

   とにかく、一芸に秀でて、その道のプロになる。

   その道では、もう、神様だと、

   言われる様になる。



   それから、社会的基盤ができたら、

   他の様々な道へ、チャレンジする。

   万能の神才となる。



   ここ、心のデザイン国際大学は、

   万能の神才を育てる大学なのです。



   万能の神才になるためには、

   人をライバルと見ない。

   神をライバルと見る。



   そうすれば、低次元なプライドなんて、

   湧きおこり様がないのです。



   



 

 心のデザイン国際大学とは

 創立目的

 学長紹介

 お問合せ・入学希望

 楽天ブログを読みなおそう

 神道審神・神道奥義・各種鑑定

 

 

 

   [学生専用]

   大学講義

   講義を読む前に

   真正医学部

   創作料理学部

   言霊学部

   心のデザイン学部

   人間関係学部

   神霊学部

   炎玄の言霊音声・オリジナル曲

   ライブラリー・生協

©2016 All Rights Reserved by Heart Design International College